.net 開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.5」リリース

@Press / 2014年6月5日 9時30分

デザイン画面
有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠)は、Microsoft .net開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.5」を2014年6月5日にリリースしました。

製品サイト: http://www.pao.ac/reports.net/


今回リリースした「Reports.net Ver 6.5」は、業務系アプリケーション開発を自ら生業としているパオ・アット・オフィスが、同じ開発者の目線で設計・開発した、これまでの.net帳票ツールの弱点をカバーした製品です。
日本の帳票に要求される機能を盛り込み、.net開発者の皆様の開発および運用における使い勝手を最優先に考慮しました。


【今回のバージョンアップ内容】
◆Windows 8.1 / .net framework 4.5.1 / Visual Studio 2013 対応
1.Reports.net のデザイナー/エンジン
2.各サンプログラム
3.インストーラ
上記、1~3においてWindows 8.1 / .net framework 4.5.1 / Visual Studio 2013に対応しました。


◆独自のプレビュー画面が作成可能に (PrintDocumentを返すメソッド追加)
印刷データがセットされているPrintDocumentを取得することができるようになりました。
Output()で印刷・プレビューを行うタイミングで、GetPrintDocument()にてPrintDocumentを取得することができます。
このPrintDocumentを利用して、お客様独自のプレビューや印刷を行うことができます。

※試用版に含まれている「01.programers」サンプルプログラムでお試しいただけます。

<C#.NET の例>
IReport paoRep = ReportCreator.GetReport(); // or GetPreview()
paoRep.LoadDefFile("./デザイン.prepd");
paoRep.PageStart();
paoRep.Write("項目1","あああ");
paoRep.Write("項目2","いいい");
paoRep.PageEnd();

// PrintDocument取得
printDocument1 = paoRep.GetPrintDocument();

@Press

トピックスRSS

ランキング