戦国時代の料理を再現!「信長おもてなし御膳プラン」を予約開始~信長の天下取り足がかりの地、岐阜県の長良川河畔で当時の料理を~

@Press / 2014年6月2日 16時0分

信長イラスト
 旅館すぎ山(所在地:岐阜市長良73-1、総支配人:杉山寛典、URL: http://www.gifu-sugiyama.com )は、戦国大名・織田信長が客人をもてなすために用いた料理を再現した「信長おもてなし御膳プラン」の提供を開始致しました。

すぎ山ホームページ: http://www.gifu-sugiyama.com

 織田信長は接待上手として知られ、自分の勢力圏から最高の食材を取り寄せて調理させ、客人にふるまっていたそうです。多くの文献に料理の詳細が残っており、当館の料理長が当時の時代背景から勉強し、現代でも再現可能ないくつかの料理を抜粋し、この度「信長おもてなし御膳プラン」を誕生させました。当時の味を再現するため、砂糖など当時非常に高価であったと思われる調味料は使用しておりません。


 信長が天下取りの足がかりとした当地で、岐阜城・金華山・長良川を眺めながら当時の料理に舌鼓を打つことができます。鵜飼シーズン中(5月11日~10月15日)は、風雅1300年、今に伝える感動絵巻“ぎふ長良川鵜飼”もあわせてお楽しみいただけます。


●概要
予約開始日 :2014年5月30日(金)
宿泊可能期間:2014年6月2日(月)~通年予定
プラン除外日:2014年7月26日、8月2日、8月9日~16日、その他満室日
料金(1名様) :信長おもてなし御膳プラン(消費税別・入湯税別)
       平日2名1室   19,000円
         3名1室   18,000円
         4~6名1室 17,000円
       ※岐阜城・金華山・長良川の絶景和室の場合
予約方法  :旅館まで直接お電話、もしくは、すぎ山ホームページ


【夏季夕食のお品書き例】
■本膳
 天正2年(1574年)2月3日 岐阜城での堺の茶人 津田宗及への献立より
焼鳥(雉の塩焼き)/塩引(焼鮭の事)/飯/汁(味噌汁)

■二膳
 天正10年(1582年)5月15日 安土城での徳川家康へのおちつき膳より
ふと煮(干なまこを戻し味噌で煮た物)/貝あわび(蒸し鮑)/
するめ(するめを戻し足を中に巻き煮た物)/鮎の寿司(なれ寿司)/
水あえ(細切りにした食材を煎酒と酢で和えたもの)/鴫つぼ(茄子シギ焼の事)

■三膳
 天正10年(1582年)5月16日 安土城での徳川家康へのあさめし膳より
長良川天然鮎の塩焼/かけいり(魚の団子をたれ味噌を塗りながら焼いた物)/
ふのこぐし(生麩を串打ちし、たれ味噌を付けて炙ったもの)/酢牛房/独活

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング