すぐにiBeaconを導入出来る?! SDK先行版を先着10社様に!

@Press / 2014年6月3日 14時0分

SDK先行版を先着10社様に
日本写真印刷株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:鈴木 順也)は、「iBeacon」を使ったO2Oシステム「ストアビーコン」の先行版のご提供を6月19日(木)より開始します。

「iBeacon」はNFCやWi-fiの弱点を克服し、マイクロロケーションでのマーケティングを実現する仕組みとして注目を集め“O2Oの切り札”と言われています。

日本写真印刷では、お手持ちのアプリに「iBeacon」を簡単に導入できるソリューション「ストアビーコン」の開発を進めています。
現在は先行導入パートナー様と、「iBeacon」の導入を始めている所ですが、弊社主催のセミナーなどで早く導入してみたいとの声をよく聞きます。
そこで、先行版としてSDKの開発が完了している、「ストアビーコン先行版」を、10社様に限定してご提供することとしました。

「ストアビーコン先行版」は、「iBeacon」をiPhoneアプリに簡単導入するための仕組みです。SDKやコンテンツを管理するためのサーバー、データ解析を行える管理画面、ビーコン端末などで構成されています。

さらに現在進めている、iBeaconのマーケティング活用の知見を活かしてアプリの企画・開発も行うことが可能です。(別途費用)

▼詳細へ
http://smartphone-ec.net/ibeacon/305.html


■ストアビーコン先行版で出来ること

「ストアビーコン先行版」では、「iBeacon」をiPhoneアプリに実装しマーケティングを行う為の基本機能が揃っています。
店舗にビーコンを設置しアプリを起動すれば、管理画面で設定したコンテンツ(画像、テキスト、URL、動画など)を表示することができます。
さらに、アプリを起動していない状況でもビーコンのエリアに入る事で、プッシュ通知をiPhoneに送信することが可能です。
加えて、顧客がビーコンのエリア外にいる場合にも、プッシュ通知を送る事ができるので「来店促進」などのマーケティングが可能となっています。

■ストアビーコン先行版の概要

●ストアビーコンSDK
 ストアビーコンのAPIを、数行のコードを入れることで利用できるようになる開発ツール。

●管理画面
 ビーコン端末ごとやアプリとの距離により、表示するコンテンツを設定・更新できる管理ツール。

●解析ツール
 「iBeacon」に対応したアプリをインストールしたユーザーの動向をログデータから分析。店舗への来店人数や滞在時間などの基本情報が取得できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング