世界にたった一つのプレゼント!思い出の写真とメッセージを送る『ベビー服の両親感謝状』発売

@Press / 2014年6月5日 12時30分

『ベビー服の両親感謝状』1
合同会社あきたこまちネット(所在地:秋田県秋田市、代表社員:本田 正博)にて秋のブライダルシーズンを前に世界に一つだけの『ベビー服の両親感謝状』を発売しました。

『ベビー服の両親感謝状』: http://bridalmai.net/fs/bridalmai/c/gr38


■新商品『ベビー服の両親感謝状』
世界に一つだけの赤ちゃん肌着でできたとってもかわいい結婚式での両親へのプレゼント『ベビー服の両親感謝状』をこのたび販売いたしました。本物のベビー服(コンビ肌着・新生児サイズ)に新郎・新婦の赤ちゃんの頃の写真と、結婚をするにあたって贈る両親への感謝のメッセージをプリントし、額に入れてお届けいたします。
結婚式をより感動的に演出する両親へのプレゼント『ベビー服の両親感謝状』でみんなに感動され、いつまでも想い出に残る結婚式を演出いたします。

【販売価格】
新郎・新婦セット(赤ちゃんの頃の写真使用):15,000円(税込・送料無料)
※プラス10,000円(税込)で写真ではなく新郎新婦の似顔絵にすることもできます。


■結婚式の体重米シリーズ
披露宴のクライマックス、両親への記念品贈呈でプレゼントするお米ギフト。新郎新婦が生まれた時の体重と同じ重さのお米だから体重米(ウエイトライス)と呼ばれています。
当社ではベビー肌着を着たかわいい体重米「米ブライダル」を2008年より発売し、累計4,000組以上のカップルに利用されてきました。価格帯は16,000円~20,000円となっております。


■参考資料 挙式を挙げないカップルへのインタビュー結果
昨年初夏に都内にて結婚を控えた新婦や結婚後間もない新婦、そして結婚して2年弱の新婦数名を集め、グループインタビューを行いました。
対象となる新婦たちはすべて結婚披露宴を挙げていないカップルです。

【インタビュー結果】
(1) 披露宴を挙げなかった理由
・お金がかかる
・妊娠中であった
・段取りなどが大変

(2) 披露宴の代わりに行ったこと
・両家の親族でレストランで食事会をした
・両家の親と新郎新婦で居酒屋で顔合わせをした

(3) 両親への感謝を込めたプレゼント
・プレゼントをしたい気持ちはあったがしていない
・食事会の代金を出したのでそれで代わりにしてもらった

(4) 両親へのプレゼントをしなかった理由
・自分たちが司会進行をしたため、サプライズプレゼントをするタイミングを作れなかった

上記のように披露宴の代わりにレストランウェディングや食事会などを行った、いわゆる「なし婚」カップルは両親への感謝の気持ちをきちんと伝えたいという想いはありますが、そういう段取りにならないのが現実です。両家の食事会を開催するレストラン、ホテル側がサプライズの仕掛けを用意してあげると、より感動的な両家の顔合わせになるのかもしれません。
当社の両親へのプレゼント商品は、そんなレストランウェディングやホテルでの食事会のような場での利用にも最適です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング