パイプラインの経年劣化や保全状態を測定・評価するPipecheckソフトウェア最新版を発表 HandySCAN 3Dと併用しインフラの保全管理改善に貢献

@Press / 2014年6月5日 11時0分

3Dスキャニング測定ソリューションと3Dエンジニアリングサービスの業界最大手Creaform Inc(クレアフォーム、本社:カナダ・ケベック州、以下 Creaform)は、配管設備やパイプラインの保全・管理に有効なパイプライン評価ソフトウェア「Pipecheck2.2」を発表し、日本市場向けに発売を開始します。国内での販売・サポートは日本法人、クレアフォームジャパン株式会社(本社:横浜市、代表:久世 哲士)が担当します。先ごろ発表した高い操作性・携帯性と高精度・高速度を実現したハンディ3Dスキャナー、HandySCAN 3Dと併用することで、非破壊検査サービスやパイプラインの運用会社は、配管の劣化レベルと残存利用可能年数を迅速かつ正確に分析・評価することが可能です。

またCreaformは「Pipecheck Analyze」も併せて発表しました。これはパイプライン保全管理に必要なワークフローに同時並行して対応する新しいソフトウェアモジュールです。この2つのソリューションがもたらす効率と精度というメリットは、6月25日(水)より東京ビッグサイトで開催される「日本ものづくりワールド、第25回 設計・製造ソリューション展(DMS展)」にて体感いただけます。


◆ソフトウェアの主な特徴
・Pipecheck:パイプラインの腐食と機械的損傷を評価するための単一ソフトウェアソリューションです。

・Pipecheck Analyze:Pipecheckによる評価ツールを使用し、作業現場や遠隔地からの分析作業に対応した分析ツールです。たとえば、現場の技術者は、現場の取得データや水路で取得したデータを遠隔地の部門に送信することで、パイプラインの保全管理に携わるエンジニアに詳細な分析を依頼できます。

・仮想ピットゲージ:Pipecheck、Pipecheck Analyzeに搭載され、スキャナーで取り込まれるあらゆる対象物に対応し、まったく新しいアルゴリズムにより仮想化されたピットゲージ。最適化された仮想ピットゲージは、両面ピットゲージの安定性と片面ピットゲージの柔軟性を備えています。

・サーフェス・マージ:Pipecheckでは、複数ユニットで同じパイプ継手を扱う場合に、ワークフローを最適化するまったく新しい手法を利用できます。これは、重複したターゲットに対して複数ユニットで共有スキャンを行うと、共通ターゲットを使用して一度に再調整できるようになり、現場での生産性が大幅に向上します。

Creaform製品マネージャー、Jerome-Alexandre Lavoieは「Pipecheckの持つ新しく高度なソフトウェア機能を、次世代のHandySCAN 3Dスキャナーの卓越した性能と組み合わせることで、市場で最速かつシンプルなパイプライン評価ソリューションとなります。新しいPipecheckの登場により、石油ガス業界でこれまで使用されてきた評価手法が大きく発展します」と述べています。

詳細については、Creaformウェブサイトをご覧いただくか、今後開催されるウェビナーにご登録ください。


◆「日本ものづくりワールド、第25回 設計・製造ソリューション展(DMS展)」に出展
Creaformは6月25日(水)より東京ビッグサイトで開催される設計・製造ソリューション展に出展します。(会場ブース番号:東6-20)展示ブースでは先月発表したハンディ3Dスキャナー2製品のほか、MetraSCAN、HandyPROBE、「Pipecheck2.2」「VXmodel」のデモンストレーションを行います。

<出展概要>
日時   :2014年6月25日(水)~27日(金)10:00~18:00
      (27日(金)のみ17:00終了)
会場   :東京ビッグサイト
出展ブース:東6-20
出展内容 :HandySCAN 700、Go!SCAN 50、Go!SCAN 20、MetraSCAN、
      HandyPROBE、VXmodel、Pipecheck2.2


◆Creaformについて
Creaformは、3Dポータブル測定技術を開発、製造、販売する、3Dエンジニアリングサービスに特化した企業です。3Dスキャニング、三次元計測、リバースエンジニアリング、品質管理、非破壊テスト、製品開発および数値シミュレーション(FEA/CFD)において革新的なソリューションを提供しています。Creaformの製品とサービスは、自動車、航空宇宙、消費者製品、重工業、ヘルスケア、製造、石油/ガス、電気、研究/教育分野など、幅広い業種に対応しています。ケベック州レヴィに本社と製造拠点を置くCreaformは、レヴィとグルノーブル(フランス)にイノベーションセンターを構え、米国、フランス、ドイツ、中国、日本、インドで直販事業を展開しています。詳細はホームページをご覧ください。
http://www.creaform3d.com

CreaformはAMETEK, Inc.の部門であるAMETEK Ultra Precision Technologiesの事業部です。AMETEKは、年間売上高36億ドルを誇る電子機器および電気機械装置の世界的なリーディングメーカーです。


【製品に関する一般からのお問合せ先】
クレアフォームジャパン株式会社 担当:橋本
〒222-0033 横浜市港北区新横浜3丁目18-5 アイズビル6F
TEL  : 045-534-3728
FAX  : 045-534-3729
E-mail: iss-japan@creaform3d.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング