「大阪第5データセンター」の建設開始について~関西エリアにおけるクラウド・データセンター需要の拡大に対応~

@Press / 2014年6月10日 15時0分

「大阪第5データセンター」の外観イメージ
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、大阪市内で5番目の「大阪第5データセンター」の建設を開始します。
 本データセンターは、大阪市の中心部に位置し、サーバールーム面積約3,700m2(1,600ラック相当)を2015年度第4四半期より提供開始予定です。


1. 背景
 近年、企業において想定を超える自然災害への対策やエネルギー消費の見直しなどにより、ICTアウトソーシングや事業継続性を高めるディザスタ・リカバリ対策、クラウドコンピューティングなどのニーズが急速に高まっています。
 NTT Comは、これまでも需要の拡大に対応し、日本国内主要都市や海外拠点で、データセンターや関連サービスを拡充してきました。特に大阪は、金融や製造業などを中心に本社機能を関西圏に集積する企業増加に伴うシステム規模の拡大や、首都圏のデータセンターのバックアップサイトとしての利用増などから、今後の成長が大きく見込まれるため、大阪市内に新たなデータセンターを建設するものです。

「大阪第5データセンター」の外観イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/47136/img_47136_1.jpg


2. 概要・特長
「大阪第5データセンター」は、Nexcenter(*1)ブランドの下で高い品質の保証された、関西エリアにおける大規模データセンターです。コストパフォーマンスに優れた先進のファシリティ&オペレーションの提供、各種設備や運用仕様を柔軟に変更できるなど、「高品質」、「低コスト」、「柔軟性」を統合した次世代データセンターサービスを提供します。また、本データセンターは、NTT Comが提供するクラウド基盤と仮想ネットワーク(*2)で接続することにより、クラウドサービスとコロケーションサービスを併用したハイブリッドクラウド環境を手軽に実現できます。

(別紙)「大阪第5データセンター」建設の概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/47136/att_47136_1.pdf

(1) 最新の技術・ベストプラクティスを適用し、低コスト運用を実現
 NTT Comグループが持つ世界各国での豊富なデータセンター設計・運用経験に基づき自社設計した、エネルギー効率の高い水冷式空調機、壁面吹き出し空調方式、建物外気温を利用して空調機の消費電力を削減する外気冷房システム、高効率な電力設備を導入し、関西圏では初めて、全国でもトップレベルのPUE(電力使用効率)(*3)「1.3(設計値)」を実現します。
 ほかにも、既存建物基礎の有効活用、剛性を保ちつつ鋼材量を減少できるメガストラクチャー構造の採用、効率的な設備レイアウトなどにより建設費を削減します。
 これらにより、これまで提供中の同クラスのデータセンターより約30%低コスト化を実現します。

@Press

トピックスRSS

ランキング