サードウェア、クラウド時代のバックアップソリューション「Bacula Enterprise Edition」を国内総代理店としてサポート開始 「Bacula Enterprise Edition version 8」も発表

@Press / 2014年6月5日 13時30分

株式会社サードウェア(所在地:東京都墨田区、代表取締役:久保 元治、以下「サードウェア」)は、クラウド時代に適したマルチプラットフォーム対応の統合バックアップ製品「Bacula Enterprise Edition」について、開発元のBacula Systems S.A.社(所在地:スイス、イベルドン市、CEO:Frank Barker、以下「Bacula Systems社」)との間でマスターディストリビュータ契約を締結し、6月5日から国内における販売とサポートを開始いたしました。


昨今のICT環境は、仮想化、クラウド、ビッグデータの普及に従って、システム数とデータ量が爆発的に増加しています。またクラウドと社内システムの混在や多様なオペレーティングシステムの組み合わせなど、構成も多様化しています。このような複雑なICT環境においては、安価に導入できて故障や災害時に短時間で復旧できる統合的なバックアップシステムは不可欠です。

「Bacula Enterprise Edition」は、オープンソースの「Bacula Community Edition」をベースに、十分な検証、長期サポート、迅速なバグ修正、プラグイン(追加機能)などの機能とサポートを付加した製品で、金融機関、通信事業者、サービスプロバイダなどで数多くの採用実績があるエンタープライズ向け統合バックアップ製品です。Bacula Systems社が6月4日に発表した次期バージョン「Bacula Enterprise Edition version 8」は、仮想基盤への対応の強化と増大するデータのバックアップの効率化などの機能強化が図られています。


サードウェアは、「オープンソースによるデータ保護」戦略を掲げ、2008年より、DRBD、Heartbeat、Pacemakerを中核としたThirdware Linux-HAサポートとして提供を開始し、数多くの実績があります。DRBDは「現在の」データを強力に保護できる製品ですが、障害やコンプライアンス対応のためのバックアップも重要であると考え、強化を検討し、海外で急速に実績を伸ばしている「Bacula Enterprise Edition」に注目しました。

一方、Bacula Systems社は、海外展開を成功させるには各国のサポートベンダーとの協業が不可欠と考えていました。そのような背景から、サードウェアとの戦略が一致し、国内での「Bacula Enterprise Edition」の販売と普及を図るために事業展開することで両社は合意に達しました。今後、サードウェアは製品の販売だけでなく、製品の日本語化と日本語によるユーザサポートを提供し、Bacula Systems社は開発元として安定した製品・サポートの供給に力を集中してまいります。

@Press

トピックスRSS

ランキング