データサイエンティストの育成体系・スキル定義を利用しやすいクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで公開

@Press / 2014年6月9日 9時30分

データサイエンティスト養成研修を手がける株式会社チェンジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:神保 吉寿、URL: http://www.change-jp.com/ )は、データサイエンティストの育成に積極的な教育企業やITベンダー・分析企業らとの連携により、「データサイエンティスト育成検討事務局」を設立し、データサイエンティストの育成体系・スキル定義と人材像モデルを、各団体で自由に活用できる形式で公開します。

■データサイエンティスト育成体系・スキル定義の公開
「世界最先端IT国家創造宣言」では、オリンピックが開催される2020年までに、世界最高水準のIT利活用社会の実現とその成果を国際展開することを目標とする、と宣言され、ビッグデータに対する期待は大きく、市場認知も進みつつあります。

一方で、ビジネスの現場では「ビッグデータやデータサイエンティストという言葉の定義が騒がれ、具体的な育成指針が見えない」「組織として、データよりも勘や経験で動く人間が多い」などの課題に引きずられ、IT利活用の裾野拡大が必要といわれているものの、迅速な動きができていない状況にあります。

そこで、ビジネスパーソンのデータ利活用スキルを底上げし、データサイエンティストを育成・輩出していくために、育成に積極的な教育企業やITベンダー・分析企業らとの連携により、「データサイエンティスト育成検討事務局」を設立し、データサイエンティストの育成体系とスキル定義を作成いたしました。

この育成体系とスキル定義は、各企業で利用しやすいよう、最も自由度の高いクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで提供いたします。

今後も、「データサイエンティスト育成検討事務局」では、日本におけるデータ利活用の普及、ビジネスへの貢献、国際競争力強化に向け、データ活用の裾野の拡大、データサイエンティスト輩出のための支援をしてまいります。


■データサイエンティスト育成体系およびスキル定義について
データサイエンティストに関するスキルを、「ビジネスインサイト」「アナリティクス」「エンジニアリング」の3つに分類し、それぞれ1~5のレベルで評価・定義するモデルです。


■データサイエンティスト人材像
データサイエンティストをスキル別の専門家とブリッジ人材の4タイプに分けて定義しました。


■データサイエンティスト育成検討事務局
<目的>
日本におけるデータ利活用の普及、ビジネスへの貢献、国際競争力強化に向けて必要となるスキルや経験、情報の流通・普及を目的とし、人材育成に積極的な企業・団体で構成されています

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング