店舗向けWi-Fiサービス「DoSPOT」の多国語化対応について 中国語(簡体字、繁体字)・韓国語・タイ語の各言語に対応

@Press / 2014年6月9日 15時0分

利用画面イメージ
 エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:染川 和彦)が運営する店舗等向けWi-Fiサービス「DoSPOT」が、従来の日本語・英語に加え、新たに中国語(簡体字、繁体字)・韓国語・タイ語に対応いたしました。


1.多国語化対応の概要
 日本の携帯電話会社やプロバイダとの契約を必要とすることなく無料でWi-Fiを利用できる「DoSPOT」は、訪日外国人へのおもてなしサービスとして、各自治体様との連携等により(※1 ※2 ※3)施設数を拡大し、多くの訪日外国人にご利用いただいてきました。
 近年、アジア圏からの観光客が増加しつつあることから、ご利用時にご覧いただく画面について、中国語(簡体字、繁体字)・韓国語・タイ語の各言語に対応いたしました。


※1 静岡市公衆無線LAN事業「Shizuoka Wi-Fi Paradise」への協力について
~「DoSPOT」によるWi-Fi環境整備の促進~
http://www.nttms.co.jp/news/news_lanshizuoka-wi-fi-paradisedospotwi-fi.html
※2 山梨県・静岡県による産官民協働「Fujisan Free Wi-Fiプロジェクト」への協力について
http://www.nttms.co.jp/news/news_fujisan-free-wi-fi.html
※3 大阪府全域における、外国人旅行者向け等無料Wi-Fiサービス「Osaka Free Wi-Fi Lite」の提供開始について
http://www.nttms.co.jp/news/news_wi-fiosaka-free-wi-fi-lite.html


■Wi-Fi利用画面イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/47243/img_47243_1.png


2.「DoSPOT」について
 「DoSPOT」は公共施設や店舗などのオーナーが店舗等へWi-Fi(無線LAN)アクセスポイントを設置することで来訪者が誰でも気軽にインターネットを利用できる環境を構築できるサービスです。

特徴として以下の機能を有します。

(1) 無料Wi-Fiインターネット機能
 Wi-Fi対応端末をお持ちの来訪者は、Wi-Fi対応端末の種類やご契約キャリアを問わず、1回最大15分間(1日4回まで)無料でWi-Fiインターネットを利用することができます。
 日本の携帯電話会社やプロバイダとの契約のない訪日外国人でもご利用いただくことができます。

(2) フレッツ・スポット向けWi-Fiインターネット機能
 NTT西日本が提供する公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット(※4)」のユーザー(有料)なら、時間制限なくWi-Fiインターネットを利用することができます。
※4 フレッツ・スポットの詳細はこちら http://flets-w.com/spot/

(3) オーナー向けWi-Fiインターネット機能
 施設、店舗等のオーナーは、時間制限無くWi-Fiインターネットを利用することができます。


3.今後の展開
 使いやすいWi-Fiサービスを目指し、使い勝手を向上していくとともに、国内のWi-Fi環境整備を推進し、街や地方の活性化に寄与してまいります。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング