MKI、Wi-Fi利用にあたっての複雑な管理業務を軽減する「MKI マネージド Wi-Fi」を販売開始

@Press / 2014年6月10日 13時0分

三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、お客様がWi-Fiを利用する際に必要な環境構築から保守・運用を担う「MKI マネージド Wi-Fi」を2014年6月より販売開始します。

サービス名称    :MKI マネージド Wi-Fi
主な機能      :センター集中管理型Wi-Fi環境の提供
サービス利用料(定価):初期費用 35,000円/月額 2,500円
           ※Cisco社AP費用含まず
販売開始日     :2014年6月~
販売目標      :5億円/3年間


近年タブレットやスマートフォンの普及が進み、個人での利用のみならず、企業や団体においても活用が進んでいます。タブレットやスマートフォンをいつでも、どこでも活用する為に、企業のオフィスや学校の構内等の環境でWi-Fiの構築需要が増加しています。また、これに伴って次々と新しいWi-Fi規格が出てきており、それら複数のWi-Fi規格が共存するような環境においては、今後の運用管理は益々複雑になると予想されます。

「MKI マネージド Wi-Fi」は、「迅速に、自由に、便利に、品質良く、しかも安く」をコンセプトに、Wi-Fi利用に必要な環境をお客様毎に自社データセンター内で仮想的に構築し、管理者に代わって保守・運用業務サービスを提供します。お客様の環境にはCisco社のアクセスポイントのみを設置し、その他必要なサーバー等はMKIのデータセンターに構築します。これにより、お客様は気軽にWi-Fi環境を導入することが可能となり、またその後の面倒な保守・運用はMKIが行うことでお客様側の手間を軽減します。
MKIは、20年以上ものネットワーク製品取扱い実績から培った知見を有し、企業や文教においても多数のネットワーク構築ノウハウがあります。今後もMKIは、本サービスを始めとする、お客様にとって付加価値の高いサービスを提供していきます。

なお、この度のリリースについて、シスコシステムズ合同会社様から以下のエンドースメントをいただいています。

「シスコは、三井情報株式会社が開始する「MKI マネージド Wi-Fi」を、心より歓迎いたします。スマートデバイスの普及により、あらゆる場所においてWi-Fiによるアクセスが求められています。その一方で、管理・運用に対して選任者をおけないといったお客様も多くなっています。三井情報のサービスにより、どなたでも安心で安定したWi-Fi環境が実現します。今回のサービスを元に、位置情報を活用したソリューションサービスまで拡張し提供いただくことを期待しております。」
シスコシステムズ合同会社
専務執行役員 高橋 慎介

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング