アプリユーザビリティを改善するアプリ解析ツール「Appsee」が日本でも始動!ビデオとヒートマップで利用者の行動分析を全て可視化

@Press / 2014年6月11日 15時0分

Appsee管理画面
デジタルマーケティングのグローバルデータ、分析&ソリューションを提供する株式会社インターアローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:男澤 洋二)は、モバイルアプリのユーザエクスペリエンスの改善を実現させるアプリ解析ツール「Appsee(アップシー)」を本格的に国内で取扱い開始いたしました。


株式会社インターアローズが、イスラエルに本社を置き、米国を中心に世界展開しているAppsee社(CEO:Zahi Boussiba)と正規代理店契約を締結し、2014年6月11日より日本市場における「Appsee」の販売を本格始動させます。

国内スマートフォン市場の急激な拡大を背景に、スマートフォン用アプリ市場も拡大の一途を遂げています。しかしながら、アプリ利用者のユーザビリティを調査し、ページやフローを改善するためには膨大な時間と経費が必要でした。

利用者はどこで行き詰ったのか。退屈に感じてアプリを終了する箇所はどこなのか。こんな疑問に、「Appsee」は実画面とパス分析の両面から、即座に問題点を可視化します。「Appsee」SDKにコードを一行入力するだけで、ユーザエクスペリエンスの改善が可能になるのです。

「Appsee」はゲーム開発、Eコマースからアプリ制作デザイン会社まで、アプリを提供する全ての企業に最適な解析ツールです。公開前のチェックから、アプリ改善まで幅広いニーズに対応します。

無料版の提供もあるので、まずは気軽にお試しいただけます。


【「Appsee」について】
「Appsee」はアプリの最適化を目的としたクラウド型アクセス解析&分析ツールです。2012年にイスラエルのテルアビブにて発表されました。

アプリに「Appsee」SDKを実装するだけで、ユーザ記録(ビデオ)やタッチヒートマップ、リアルタイム分析を行います。また、クラッシュやコンバージョン、ファネルなどの分析も可視化してレポートいたします。

事前の設定不要で、ボタンや画面を分析します。アプリに高い負荷を与えることなく、イベントを自動で記録します。ニーズに合わせて分析対象設定を変えることも可能です。

まず、iOSアプリを対象としたSDKを先行リリースいたします。Android版は現在開発中で、近日公開の予定です。


【「Appsee」概要】
1. 提供開始日
2014年6月11日(水)

2. 利用料金
・無料版(使用制限あり)
・有料版

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング