事業の円滑な承継と更なる日本企業の発展へ! 7月1日事業承継セミナー第3弾を開催 ライブ同時配信予定

@Press / 2014年6月11日 14時0分

講師 株式会社ユーグレナ代表取締役 出雲 充氏
SBI大学院大学(学長:北尾 吉孝、所在地:神奈川県横浜市)は、2014年7月1日(火)に「事業承継セミナー」第3弾を開催いたします。

SBI大学院大学では、事業承継に直面している企業に対し、「次世代経営者」教育を提案することで、円滑な事業承継を進めるとともに、更なる事業の発展をサポートしています。その活動の一環として行っている事業承継セミナーの第3弾として、今回は株式会社ユーグレナ(以下、「ユーグレナ社」)代表取締役社長、出雲 充氏を招き公開セミナー『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』を実施いたします。


2014年4月に経済産業省より公表された、「ベンチャー有識者会議のとりまとめ」では、我が国の産業の新陳代謝の促進は日本経済の再生に向けた重要な課題であり、日本再興戦略には「ベンチャーの加速」が必要であるとされています。ベンチャーと聞くと「起業」がイメージされがちですが、この言葉には、既存の企業が新たな事業へ挑戦することも含むとされております。SBI大学院が考える「事業承継=新たなビジネスモデル構築のチャンス」と通じるものです。SBI大学院大学は、イノベーションを起こし、時代を創っていけるような「次世代経営者」の育成に注力し、産業における新成長分野を切り開いて雇用とイノベーションを社会にもたらす、経済活力のエンジンとなれる人物を送り出すことを目標としています。

新規事業を生みだし、事業として成功させるには何が必要なのか、新規事業を武器に世界を目指す企業となるために必要な要素とは何なのか、今回の事業承継セミナーでは、「ミドリムシ」で世界の食料問題、そして環境問題の解決への貢献を目指しているユーグレナ社代表取締役社長、出雲 充氏に、起業を思い立ってから上場するまでの軌跡、今後の未来像について講演いただきます。


【講演内容】
21世紀を迎え、近い将来必ず起こるといわれている食料問題や環境問題。ユーグレナ社は2005年、微細藻類ミドリムシ(学名:ユーグレナ)の屋外大量培養に世界で初めて成功し、ミドリムシを事業として使用していく技術を確立しました。ユーグレナ社では、ミドリムシの特性に着目し、機能性食品、化粧品の開発・販売や、二酸化炭素固定化、水質浄化やバイオジェット燃料の研究開発も行っています。多大なる可能性を秘めたミドリムシを用い、世界の食料問題、そして環境問題の解決への貢献を目指しているユーグレナ社代表取締役社長、出雲 充氏に起業を思い立ってから上場するまでの軌跡、今後の未来像について講演いただきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング