CIJ調べ スマートデバイス普及で“シャドーIT”増加?

@Press / 2014年6月11日 12時45分

BYOD/シャドーIT
セキュアなペーパーレス会議システムSONOBA COMET(ソノバ コメット)(http://www.cij.co.jp/service/product/paperlessmeeting/)を販売する株式会社CIJ(代表取締役社長 堀 信一)は、2014年5月2日~8日の7日間、20歳以上のビジネスパーソンを対象に「企業が抱える情報漏えいリスクに関する意識調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施、2,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


◆SNSの書き込み「告発目的なら、内部情報を公開してもよい」1割
◆「立場を隠してSNSで自社肯定の投稿をしても問題ない」20代で13%

始めに、企業が抱えるソーシャルメディア上の情報漏えいリスクと従業員が起こす“炎上”のリスクを探るため、SNS利用意識に関する質問を行いました。
20歳以上のビジネスパーソン2,000名(全回答者)に対し、業務上の情報漏えいやソーシャルメディアの炎上に繋がりそうな内容の投稿を例示し、SNSの個人アカウントに投稿して“問題ない”と思うものを聞いたところ、「不正行為を告発する意図で、内部情報を投稿する」は1割(9.9%)が問題ないと回答しました。内部告発の意図があれば、勤め先の内部情報を投稿しても問題ないだろうと考えるビジネスパーソンが10人に1人の割合でいるようです。また、“自作自演”や“ステマ(利益誘導)”行為として炎上に繋がりそうな投稿である、「立場を明かさず、自社のサービス・製品に肯定的な投稿をする」(8.0%)や、「上司や取引先から頼まれて、特定のサービス・製品についての肯定/否定意見を投稿する」(3.1%)といった投稿や、身元を特定された場合、勤め先に不利益を及ぼしそうな投稿である、「匿名で、職場や取引先の愚痴・悪口を投稿する」(4.4%)などが上位回答となりました。
年代別にみると、20代は「立場を明かさず、自社のサービス・製品に肯定的な投稿をする」が13.0%と他の年代よりも高くなり、利益誘導行為と取られそうな投稿による炎上リスクについて、危機意識が低い様子が窺えました。


◆ビジネスパーソンの2割がタブレット端末を個人所有、部長職以上では3割半
◆個人所有のPCを業務利用3割強、タブレット端末は3割弱、スマホは4割強

全回答者(2,000名)に対し、個人所有している情報端末を聞いたところ、「パソコン(ノートPC・デスクトップPCなど)」は7割半(75.1%)、「タブレット端末」は2割(20.6%)、「スマートフォン」は5割半(55.5%)、「従来型の携帯電話(ガラケー・フィーチャーフォン)」は6割弱(57.7%)となりました。
年代別に傾向をみると、20代は「従来型の携帯電話」(40.8%)よりも「スマートフォン」(71.2%)の所有率が高く、40代以上は「スマートフォン」(40代40.8%、50代以上51.6%)よりも「従来型の携帯電話」(40代72.0%、50代以上60.8%)の所有率が高くなっていることがわかります。
また、役職別にみると、上の役職ほど「タブレット端末」の所有率が高く、課長クラスでは3割(30.7%)、部長・役員・経営者クラスでは3割半(34.2%)の所有率となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング