婦人画報 創刊110周年記念「つくろう!日本の手仕事の未来」プロジェクトクラウドファンディング 『世界最大・手づくりの魔鏡』製作企画、好発進!

@Press / 2014年6月11日 17時45分

魔鏡
株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:イヴ・ブゴンwww.hearst.co.jp)発行の月刊誌『婦人画報』は、創刊110周年記念プロジェクト「つくろう!日本の手仕事の未来」が好発進したことをご報告いたします。

プロジェクトの一環であるクラウドファンディング企画、鏡師・山本晃久氏の『世界最大・手づくりの魔鏡』製作は、初動において想定を超える出資額を記録。クラウドファンディング・システムを提供する株式会社WESYMは、「クラウンドファンディングが一般的になり、多様なジャンルが増えてきた中で、日本の中高年世代への広がりを期待できるという点で、今回のプロジェクトが新しいものであること」が好調な理由だと挙げています。

また、イタリア及びバチカンを訪問した安倍首相が(2014年6月6~7日)、ローマ法王への贈り物として「魔鏡」を選んだことが話題となっております。山本晃久氏は「非常に名誉な仕事だと思いました。製作スケジュールが非常に短い状況でしたが、過去に祖父が作りかけていた魔鏡を基に、父と二人で完成させました。昔からある魔鏡や職人の技術を伝えるための意義ある場だと捉え、意欲を持って取り組みました」と、魔鏡が日本の伝統産業として認められ、評価されたことへの歓びを語りました。

本企画は、神秘性を兼ね備えた美しさをもつ伝統工芸であるにも関わらず、絶滅の危機に瀕している「魔鏡」製作を手作りで行う唯一の工房・山本合金製作所との取組み。プロジェクトを通して資金を募り『世界最大・手づくりの魔鏡』を製作、その存在と魅力を知ってもらうことで伝統を存続させることを目的にしています。2014年8月29日まで資金を募集中で、世界最大・手作り魔鏡が完成した後には、京都での展示を経て震災で社を失った岩手県陸前高田の今泉天満宮に奉納する予定です。

『婦人画報』では、第一弾を皮切りに、 “未来に残すべき価値あるもの”を、続々発信してゆきます。今後は工芸に限らず、クラウドファンディングを通じて伝統を未来へつなぐとともに、伝統の中から新たな価値を創造してまいります。

※キリシタン魔鏡とは見た目は普通の鏡ですが、鏡面に光を当て反射させるとキリストが投影される不思議な鏡。日本でのキリスト教弾圧時代、隠れキリシタンたちは花鳥風月模様の和鏡とキリスト像を鋳込んだ魔鏡を巧妙に貼りあわせたものを密かな信仰の証として大切に持っていたことから、今回ローマ法王に献上されました。

@Press

トピックスRSS

ランキング