【新刊】『腸を鍛えれば頭がよくなる』~腸こそ知力と健康の要~

@Press / 2014年6月16日 10時30分

書籍 表紙
 株式会社マキノ出版はこの度、『腸を鍛えれば頭がよくなる』新刊が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。

 「腸が不健康な人は、頭(脳)の働きが悪くなる」----科学的な根拠のある事実ですが、ご存じない方も多いでしょう。
 近年、腸内細菌に関する研究が飛躍的に進歩を遂げています。これまで腸と無関係と思われていた事柄にまで、腸内細菌が関与している実態が明らかになってきました。

 おなかにどのような細菌を棲まわせているか。それが、人々の健康や寿命、さらに外見の若々しさや、脳の若々しさまで左右します。
 さらに、これらすべての病気や症状に腸内細菌が深く関係しています。知力低下、肥満、肌荒れ、アトピー、糖尿病、うつ、自閉症、認知症、大腸ガン、乳ガン、肝臓ガン、膠原病、リウマチ……。本書を読めば、腸の鍛え方がわかります。「腸内細菌の第一人者が説く腸と脳の深い関係」を記した一冊です。

 腸を鍛えることによって著者自身、体重が10kgも減り、見た目は10歳若返りました。腸こそ知力と若さ、健康の要です。


【書籍概要】
書籍名:腸を鍛えれば頭がよくなる
著者 :辨野 義己(理化学研究所特別招聘研究員)
体裁 :単行本(ソフトカバー) 220ページ
定価 :1,300円(税別)
発行日:2014年6月14日
発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング