株式会社コプラスの自由設計マンション「等々力コーポラティブハウス」募集開始

@Press / 2014年6月16日 10時0分

外観パース
自由設計ができる新築マンション、コーポラティブハウスを基幹事業とする株式会社コプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青木 直之)はこの度、世田谷区等々力7丁目にて「等々力コーポラティブハウス」プロジェクトの参加者募集をスタートしました。

「等々力コーポラティブハウス」
http://www.co-plus.co.jp/todoroki/


【豊かな緑と都市生活、どちらも楽しめる立地】
等々力7丁目は、深沢・等々力・上野毛・瀬田など世田谷有数の高級住宅街に囲まれた、閑静な邸宅街です。都内唯一の渓谷「等々力渓谷」をはじめ、公園や緑地、緑道など豊かな緑が周辺に数多く点在している一方、二子玉川・自由が丘など人気ショッピングエリアにも近接しており、安らぎと華やぎ、両方を楽しめる立地です。地盤の良好な武蔵野台地南端に位置しているという安心感も魅力です。


【コンセプトは「“素”を楽しむ暮らし。」】
1.“素”の自分になれる場所。
家に帰ってきたら日々の忙しさや都会の喧騒から離れ、“素”の自分に戻って休息を楽しめる住まいをご提案したい、という想いから、「“素”を楽しむ暮らし。」というコンセプトが生まれました。

2.土地形状という“素地”のよさ。
整形な土地形状を生かし、各住戸の形状もできるだけシンプルなフラット住戸としたため、より一層自由度の高い、自分だけの住まいづくりをお楽しみいただけます

3.“素敵”なショップが目白押し。
石畳が美しい駅前の商店街「ハッピーロード尾山台」や計画地周辺には、古くから整備されてきた住宅街ならではの老舗名店や魅力的・個性的ショップが多く、毎日の生活を彩ってくれます。


【コーポラティブハウスとは】
コーポラティブハウスとは、利便性の高い都心のマンションでありながら、注文戸建のようにライフスタイルや“こだわり”に合わせて自由に間取りをデザインしたり素材を選んだりできる新築の集合住宅です。
住まいづくりのプロセスを一緒に行うため、入居者同士に心地よいコミュニティが形成され、入居後も続く安心感が得られます。
住まい手自らが事業主となるため、費用の内訳が明確で、必要なところだけにお金を掛けられる合理性も大きな魅力です。
分譲マンションには小さく戸建には大きいような、価値は高くても市場ニーズは少ない土地を適正価格で取得でき、モデルルーム費用や広告宣伝費用も圧縮できるため、納得価格で住まいを取得できる選択肢として注目されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング