格付ロジック改定によるRM格付変動について

@Press / 2014年6月16日 10時30分

与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp )は、2014年5月に実施した格付ロジック改定によるRM格付変動を集計いたしましたので、その結果を発表いたします。


1.実施概要
調査名称  :第2回「格付ロジック改定によるRM格付変動の影響」調査
調査方法  :RM格付の遷移状況調査
遷移調査時点:2014年5月18日(日)
調査対象企業:2014年5月18日(日)時点でRM格付がA~F格である1,495,509社


2.調査結果
[1]「格付ロジック改定によるRM格付変動の影響」/全体遷移状況
2014年5月18日(日)に実施しました「格付ロジック改定」に伴う格付変動への影響を調査したところ、58,945件に格付変動が生じました。また、そのうち格上げとなった企業数は31,793件、格下げとなった企業は27,152件あり、2ランク以上の変動が生じた企業は全体で5,894件ありました。
今回の格付ロジック改定においては、消費税の増税や政権交代に伴う景況変動によって企業の収支状況や資金繰りに影響が生じることを想定し、分析の強化を行いました。そのため、格付においても今後の景況見通しと同様に、優良評価であるA格と警戒評価であるF格がそれぞれ増加し、二極分化の傾向を示す結果となりました。(図表A)

[2]「格付ロジック改定によるRM格付変動の影響」調査/都道府県別遷移状況
都道府県ごとの格付遷移状況においては、全体的に大きな格付変動は発生していないものの、東京都、神奈川県、新潟県、愛知県、広島県、福岡県、鹿児島県などでA格の増加が見られ、そのうち東京都、愛知県などにおいては、F格も増加していることから、格付の二極分化が進んでいる地域と言えます。(図表B)

[3]「格付ロジック改定によるRM格付変動の影響」調査/業種別遷移状況
業種ごとの格付遷移状況を調査したところ、総合工事業、設備工事業、建材等卸売業、機械器具卸売業、医療業などで、A格が増加し、格上げ傾向になった一方で、農業、映像・音声・文字情報制作業、廃棄物処理業においては、F格が増加し格下げ傾向となっています。
今回のロジック改定において、消費増税対応のロジックとして、業種判定に一部改良を加えておりますが、最近の景気好転を主因とする倒産確率変動による調整に中和され、現状では格付変動は個社単位に留まり、業種単位での変動には至っていない状態にあります。(図表C)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング