楽天スマートペイと公式連携、ゼウスのカード決済手数料も業界最安に!7月1日リリース予定の『スマレジ2』、「新しい特徴」第2弾を公開

@Press / 2014年6月17日 10時0分

スマレジと連携する楽天スマートペイ
iPad等のタブレットを利用したPOSレジ「スマレジ」を展開する株式会社プラグラム(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:山本 博士)は、7月1日に大幅なバージョンアップをした『スマレジ2』をリリースするにあたり、「新しい特徴」第2弾として、株式会社ゼウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金沢 哲史、以下 ゼウス)でのクレジットカード決済の手数料の低価格化(3.24%)の実施、および楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)が提供する楽天スマートペイと公式連携することを発表いたします。


■スマレジでのカード決済をより身近に
タブレットを利用したPOSレジ「スマレジ」は、これまでに小売業、飲食業等900店舗以上で利用されております。クレジットカード決済対応のニーズは高く、2013年1月にクレジットカード等の決済サービスを提供するゼウスと連携し、スマレジでクレジットカード決済を可能にしました。
また、2013年9月には株式会社フライトシステムコンサルティングが提供する「ペイメント・マイスター」と連携し、IC付きクレジットカードや電子マネー等の幅広い決済を「スマレジ」でできるようになりました。

ゼウスとの連携
http://smaregi.jp/news/press/2013011853.php
ペイメントマスターとの連携
http://smaregi.jp/news/press/20130918108.php


■ゼウス(スマレジ・ペイメント)の手数料を低価格化(3.24%)
ゼウスを利用した『スマレジ2』でのクレジットカード決済手数料を今までの都度見積りから一律3.24%へ変更します。これにより業界では最安の手数料となり、店舗でのクレジットカード決済利用時のニーズに応えます。(※ Visa、MasterCardのみ。JCBおよびAmerican Expressは別途オプション契約となります。)


■楽天スマートペイとの公式連携
店舗の開業時からクレジットカード決済に対応するため、楽天スマートペイを導入している店舗は増えています。『スマレジ2』では、楽天スマートペイのクレジットカードリーダーを差し込むことで、クレジットカード決済が可能になります。楽天スマートペイとのアプリ間連携を行うことで、決済におけるセキュリティや利用メリットを担保したまま「スマレジ」の高機能なPOSレジ機能が利用できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング