ゼウス、タブレットPOSレジ「スマレジ2」のクレジットカード決済手数料を業界最低水準にて提供

@Press / 2014年6月17日 10時0分

クレジットカードをはじめとした決済サービスを提供する株式会社ゼウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金沢 哲史、以下 ゼウス)は、iPad等のタブレットを利用したPOSレジ「スマレジ」を展開する株式会社プラグラム(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:山本 博士、以下 プラグラム)の7月1日「スマレジ2」リリースに伴い、「スマレジ2」でのクレジットカード決済手数料を3.24%(※1)で提供いたします。
「スマレジ2」は、既存顧客の満足度向上とさらなる導入店舗拡大のため、現在のスマレジを大幅にバージョンアップいたします。


<「スマレジ・ペイメント」カード決済手数料は業界最低水準の3.24%>
ゼウスを利用したスマレジでのクレジットカード決済は、クレジットカード決済手数料を今までの都度見積りから一律3.24%へ変更します。これにより業界最低水準となり、店舗でのクレジットカード決済利用へのニーズに応えます。

※1 Visa、MasterCardのみ。JCBおよびAmerican Expressは別途オプション契約となります。


<スマレジでのカード決済をより身近に>
タブレットを利用したPOSレジ「スマレジ」は、これまでに小売業、飲食業等900店舗以上で利用されております。クレジットカード決済対応のニーズは高く、2013年1月にクレジットカード等の決済サービスを提供するゼウスと連携し、スマレジでクレジットカード決済を可能にしました。

■ゼウスとの連携: http://smaregi.jp/news/press/2013011853.php


<スマレジについて>
スマレジは、大型レジスターや店舗サーバーを必要としない、スマートで安価な新しいPOSシステムです。インターネット接続環境下で商品データや在庫データをCSV形式でインポートすれば、すぐに利用可能になります。

また、低価格で手軽に導入できる一方で、レジ基本機能や販売管理機能のみならず、複数店舗のリアルタイム売上一括管理や棚卸や店舗間移動などの本格的な在庫管理機能をオプションとして用意しており、総合的な小売業向けシステムとして利用することも可能です。さらに、2012年11月よりスマレジのシリーズ製品である「スマレジ・ウェイター」をリリースしたことで、スマレジと組み合わせた飲食店向けのソリューションとしてもご提供が可能になっています。2013年度グッドデザイン賞受賞。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング