JDAソフトウェア、Global Retail CEO Survey(世界の小売企業CEOへの調査)実施 CEOの83%はサプライチェーンがオムニチャネルの消費者需要に最適化されていないと感じている

@Press / 2014年6月17日 10時0分

*本プレスリリースは、2014年6月16日、アリゾナ州スコッツデール発のプレスリリースの抄訳です

JDAソフトウェアグループは、本日、Global Retail CEO Survey(世界の小売企業CEOへの調査)を実施し、その結果を発表しました。

オムニチャネルの購買スタイルが、サプライチェーンを重要な課題からミッションクリティカルなものへと変革させているように、デジタル時代の消費者は小売のビジネスモデルを一変させています。CEOの50%が自社のサプライチェーンは戦略的な差別化要因であると認識しています。しかし、世界の小売企業CEOの83%は、現状のサプライチェーンが現代の小売環境の変化に対応できていないと考えています。

PwCがJDAソフトウェアの依頼により世界400社以上の小売業界のCEOを対象に実施した本調査「CEO Viewpoint: The Strategic Role of Supply Chain in an All-Channel World(CEOの視点:全チャネル時代のサプライチェーンの戦略的役割)」では、変化に適応し、かつ成長のための新たな基盤づくりへの取り組みについて経営者が語っています。

モバイルコマースが発達した現在、CEOにとって最大の課題の一つがオムニチャネル対応への変換です。しかしながら、オムニチャネル購買が脅威になると考えているCEOはわずか34%、さらに、直接的影響を受けると考えているCEOは22%にすぎません。

JDAソフトウェアの会長兼暫定CEO Baljit Dailは次のように述べています。
「オムニチャネルの台頭は近年の小売業界で起こった最も大きな変革です。消費者の期待に応えるための戦略的なサプライチェーンの構築を理解していない小売企業は競争力を失う危機にさらされるでしょう。これは単に経営モデルの微調整ではなく大変革を求められているのです。現在の経営モデルから、経営効率を改善し売上と利益率増加を実現する経営への劇的なシフトの必要性を理解している先見の明のある経営者達がいらっしゃるのは良いニュースと言えます。」

【CEOの優先度は従来の成長戦略】
CEOにとって最も優先されるのが、市場への新規参入、店舗展開、またはM&Aなどの伝統的な成長戦略だと考えています。これらの優先度をみると、利益を伴う成長を促進する鍵である配送能力やサプライチェーンの強化を考慮しなかった3分の2以上のCEOが直面する機会損失の潜在性が浮かび上がります。

@Press

トピックスRSS

ランキング