~温泉酵母で“スパ”っとスカルプレボリューション~「マイクロセンサー理論」に基づいた頭皮の温泉美容液

@Press / 2014年6月17日 15時30分

論文発表に使用した資料 1
 ヘアケア、スキンケアに関する研究開発および総合サービスを提供する株式会社サラヴィオ化粧品(本社:大分県別府市、代表取締役社長:濱田 拓也)は、温泉酵母を用いて作成した「加水分解酵母エキス」の育毛効果についての研究を進めてまいりました。

 このたび、加水分解酵母エキスの作用機構をまとめた論文が、香粧品科学研究開発の専門誌であるフレグランスジャーナル(FRAGRANCE JOURNAL、Vol.42/No.6)に掲載されました。

[リンク] http://www.fragrance-j.co.jp/magazine/fragrance.html


 「加水分解酵母エキス」は、ハリ、コシ、ボリューム、細毛・抜け毛、頭皮の沁みなどでお悩みの方々にご愛顧いただいているM-1シリーズに配合されています。今回証明された数々の事実で、より一層納得して当社製品をご愛用頂ければ幸いです。


【研究の背景】
 毛乳頭細胞は発毛シグナルの司令塔と言われ、常にヘアケア研究の中心的存在です。毛髪のヘアサイクル(成長期―退行期―休止期)は、毛包細胞間のシグナル伝達(細胞増殖因子などのやりとり)によって制御されています。毛乳頭細胞における発毛シグナル伝達に深く関与しているのが一次繊毛であると考えられています。
 今回、私たちは、毛乳頭細胞の一次繊毛の機能を解明し、新規発毛調節機構として「マイクロセンサー理論」を提唱しました。更に、当社が開発した育毛原料である加水分解酵母エキスが、ミトコンドリア活性の向上を促し、毛乳頭細胞の一次繊毛のセンサー機能を高め、毛母細胞の増殖に関わる成長因子を増加させることを見出しました。


【論文の概要】
(1) 毛乳頭細胞の一次繊毛の可視化
 単層培養した毛乳頭細胞の一次繊毛を蛍光顕微鏡観察で可視化し、繊毛長を計測することに成功しました(平均の繊毛長2.2± 1.2 μm)。さらに一次繊毛の伸長を制御する実験システムの構築にも成功しました。

(2) 一次繊毛を介した毛母細胞の活性化
 一次繊毛を伸長させた毛乳頭細胞は、毛母細胞(ケラチノサイト)の細胞分裂活性を2倍以上増強させることが分かりました。

(3) 加水分解酵母エキスによる一次繊毛の伸長
 加水分解酵母エキスを添加した毛乳頭細胞の一次繊毛は、55%長くなることが分かりました。また、加水分解酵母エキスを除去すると一次繊毛は元に戻り、継続して作用させると伸長効果は維持されることが確認されました。

@Press

トピックスRSS

ランキング