「大人」の日常にちょっぴり贅沢を。コク深い“贅沢ジュレ”に包まれるプレミアムシートマスク新発売! 

@Press / 2014年8月26日 11時0分

プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸
株式会社 ウ テ ナ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩倉 具房、設立:1927年)は、2014年9月1日にお肌の変化を感じ始めた大人世代にむけて、少し贅沢なシートマスク「プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク」を新発売します。

プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸
33g×3枚入
http://www.atpress.ne.jp/releases/47632/img_47632_1.jpg

プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク コラーゲン(右)
33g×3枚入
http://www.atpress.ne.jp/releases/47632/img_47632_2.jpg


2013年までシートマスク市場は多様化しながら順調に拡大し、ユーザーの増加と共に消費者ニーズも細分化されてきました。そんな中、「エイジング対策はまだ早い」けれども「お手軽な大容量マスクでは効果が物足りない」という30代~40代の“大人世代”の声に応え、この世代の肌悩みに対応する「日常の範囲内でちょっぴり贅沢な」シートマスクを開発しました。
特長は、いくら保湿しても乾いてしまう"大人のごわつき肌"にうるおいを浸透させる「ゴールデンジュレ処方」。ジュレ状美容液のブースター効果で、まるで耕した畑に水をやるように、乾燥でごわつくお肌を柔軟にし、美容成分を角質層の奥まで浸透させます。商品構成は乾燥対策のWヒアルロン酸、ハリつや対策のWコラーゲンの2品。悩みをケアしながらしっとりとしたお肌にととのえます。

密着追求マスク「プレサ」がこだわるお肌へのフィット感は、肌あたりの柔らかなコットン生まれのメッシュシートに、日本人の顔型を研究した切れ込みを入れて実現。独自の製造工程により1枚のシートマスクに美容液一本分(1枚当たり33g)のジュレ状美容液を含ませており、20分~30分間ゆったりとお肌をケアするくつろぎの美容時間を提供します。これまでのシートマスクとは一線を画すパッケージデザインで、新しい化粧品を探し求めるユーザーにアプローチします。


【プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク 市場背景】
●2013年シートマスク市場の金額規模は約798千万円。形状、価格、枚数など多様化しながらも拡大傾向。
http://www.atpress.ne.jp/releases/47632/img_47632_3.jpg

●ユーザーの増加に伴い、消費者ニーズも細分化。20代はお手頃価格の1枚タイプ、ジッパー式の大容量タイプ、40代後半からはエイジング対策の高保湿タイプを使用する傾向があります。30~40代前半の女性は、自分の肌変化に合った「効果のある商品」を探し、品ぞろえに不満を感じながらも、いくつかのお気に入りマスクをローテーションして使っています。(グループインタビューより)

@Press

トピックスRSS

ランキング