「1257芦ノ湖夏まつりウィーク」を7月31日~8月5日に開催 箱根神社の神事と花火大会で、避暑地箱根 芦ノ湖の夏を満喫

@Press / 2014年7月1日 10時30分

芦ノ湖夏まつりウィーク花火
1257芦ノ湖夏まつりウィーク実行委員会は、箱根 芦ノ湖(標高723m)にて「1257芦ノ湖夏まつりウィーク」を7月31日~8月5日に開催いたします。箱根神社の御鎮座1257年例大祭を中心に、芦ノ湖各所で行われる神事を身近に感じていただき、盛大にお祝いするこのイベント。夜には奉祝の花火大会や太鼓演舞、灯籠流し、大神輿渡御が芦ノ湖各所で行われ、毎年恒例の夏の箱根の風物詩をお愉しみいただけます。

1257芦ノ湖夏まつりウィーク
http://www.hakone-ashinoko.net/special_page002.html


■1257とは
奈良時代の初期天平宝字元年(757年)に萬巻上人が、箱根大神様の御神託により現在の地に里宮を建て、箱根三所権現と称え奉ったことが箱根神社の起源です。その年より今年で1257年となることを記念し、「1257芦ノ湖夏まつりウィーク」を開催いたします。(芦ノ湖夏まつりウィークは例年同時期に開催しております)


■1257芦ノ湖夏まつりウィーク:神事・花火大会スケジュール
・7月31日(木)「湖水まつり」(花火大会 20時~/元箱根湾)
元箱根苑地では、箱根ばやし、九頭龍太鼓等による太鼓フェスティバルや、数多の夜店、地元青年会による芦ノ湖産「わかさぎフライ」の限定販売など、様々な催しが開催されます。宵、箱根神社で湖水祭が執り行なわれ、庭上の儀の後、御供船に乗った箱根神社宮司ただ一人が、誰も知らぬ湖心に進み、御供物(三升三合三勺の赤飯)が九頭龍大神に供えられいよいよクライマックスへ。数千の祈願灯籠と花火が夏の芦ノ湖を華やかに彩ります。


・8月1日(金)「御鎮座1257年例大祭」(花火大会 20時~/元箱根湾)
本ウィークのメインイベント、箱根神社御鎮座1257年例大祭は朝10時から。その後、同じく境内にて、箱根延年、湯立獅子舞などの演舞が奉納されます。もちろん、夜には例大祭をお祝いして、箱根神社平和の鳥居の目の前から花火が打ち上がります。


・8月2日(土)「御神幸祭」&「箱根園サマーナイトフェスタ」(花火大会 20時~/箱根園湾)
箱根大神様を乗せた御鳳輦とともに古式ゆかしき衣装に身を包んだ隊列がゆっくりと進む、「御神幸祭」。箱根神社~元箱根を巡り、その後、船で移動し、箱根町(箱根関所付近)の駒形神社まで行列は進みます。夜は場所を箱根園湾に移し、「箱根園サマーナイトフェスタ」を開催。通常の打ち上げ花火の他、バックミュージックに合わせた「デジタルスターマイン」など花火大会をお愉しみいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング