過去最大の宴会場リニューアルプロジェクトをスタート~新デザインコンセプトは「光の風」~

@Press / 2014年6月23日 13時30分

soara 完成イメージ
東京ディズニーリゾート(R)のオフィシャルホテル、ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市舞浜、総支配人:フレデリック・ルクロン、URL: http://hiltontokyobay.jp )は、ホテルのカンファレンス・イベントスペースの大部分を占める、2階のボールルーム(大宴会場)を始めとする11のイベントルーム、および廊下やフォイヤー等を含むフロア全体、総面積約4,300m2のスペースを改装します。2014年9月より順次オープン、10月末に全会場の稼働を開始する予定です。

2012年、2013年にそれぞれオープンした会場、「PrimaLuce(プリマルーチェ)」、「ambio(アンビオ)」を含め、ヒルトン東京ベイのカンファレンス・イベント施設が、コンテンポラリーなデザイン、そして最新鋭の設備とともに、新たな進化を遂げます。


今回の改装により新しくなる会場・フロアのデザインコンセプトは「光の風」。
爽やかに吹き抜ける心地よい風や、どこまでも広がる海のさざなみ、きらめく光の結晶など、そこにあるだけで美しい自然の装いを、シンプルな形でデザインに反映させました。広大な東京湾と見渡す限りの空に囲まれたアーバンリゾートに立地する、ホテルの非日常的な空間からインスパイアされたこのデザインは、明るい色調をベースに緩やかな曲線のモチーフが取り入れられ、落ち着きとこれから始まるイベントへの期待感を有機的に融合させます。このデザインは、昨年リニューアルをした地下1階の会場「ambio」に引き続き、様々な建築物の内装デザインを手がけ、数多くの受賞歴を誇る、橋本 夕紀夫氏が担当しています。
さらに、ムービングライトやプリプログラムで数千通りの色に変化するLED間接照明、デジタル接続により鮮明な画質の映像を投影できるビデオプロジェクターや大迫力のオーディオなど、照明や映像、音響も最新の設備に一新。タッチパネルで直観的に照明や音響などをコントロールできるシステムを導入し、ウエディング、ミーティングやパーティーなどのイベントにおいて様々なニーズに応えることができる、ストレスフリーな環境を提供します※。

※全ての会場に含まれない設備もあります。詳しくは、後述の添付資料をご覧ください。


今回の改装に伴い、11の新会場は名称も一新。各会場に、新たな命が吹き込まれます。

■「soara(ソアラ)」
最大約1,400名を収容できるホテル最大のボールルームです。「飛翔、上昇」を意味する“soaring”から作られた造語で、心地よい空間、そしてヒルトンのスムーズかつスマートなサービスにより、特別で記憶に残るイベントになるように高みを目指す、という想いが込められています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング