TOEIC(R) SW(エスダブリュー)テストの受験者数も大幅増加 『TOEIC(R)プログラムDATA & ANALYSIS 2013』まとまる

@Press / 2014年6月25日 10時0分

TOEIC(R)プログラムにおける受験者数と平均スコア一覧
日本でTOEIC(R)プログラムを実施・運営する、国際ビジネスコミュニケーション協会では、毎年、前年度のTOEICプログラムの受験者数と平均スコアを集計しており、今年も6月に2013年度のTOEICプログラムの公開テストおよび団体特別受験制度(以下、IPテスト)のデータを発表します。TOEICプログラムでは、TOEIC(R)テストとTOEIC(R)スピーキングテスト/ライティングテスト(以下、TOEIC(R) SWテスト)を組み合わせて英語4技能(「聞く」「読む」「話す」「書く」)を測定することができます。


【受験者数について】
(「TOEIC(R)プログラムにおける受験者数と平均スコア一覧」参照)

・TOEIC SWテスト受験者総数は14,700人と大幅に伸び(前年度11,100人)前年度比132.4%となった。

・TOEICテスト受験者総数は2,361,000人(前年度2,304,000人)前年度比102.5%と堅調に推移。

・TOEIC Bridge(初・中級者向けテスト)受験者数は210,000人と微増となり(前年度209,000人)前年度比100.5%となった。


【平均スコアについて】
・TOEICテストのトータル平均スコアは公開テストで580点(前年度574点)、IPテストでは463点(前年度457点)と、いずれも6点アップとなった。(「TOEIC(R)テストグラフ」 http://www.atpress.ne.jp/releases/47816/img_47816_2.jpg )

・TOEIC SWテストにおける公開テストのスピーキング平均スコアは123.4点(前年度124.1点)、ライテイング平均スコアは137.4点(前年度138.4点)と微減、IPテストのスピーキング平均スコアは105.8点(前年度110.5点)、ライテイング平均スコアは125.7点(前年度125.8点)とほぼ横ばいとなった。(「TOEIC(R) SWテストグラフ」 http://www.atpress.ne.jp/releases/47816/img_47816_3.jpg )

・TOEIC Bridgeのトータル平均スコアは公開テストで131.7点(前年度131.8点)とほぼ横ばい、IPテストにおいては、116.6点(前年度117.8点)と、1.2点ダウンとなった。(「TOEIC Bridge(R)グラフ」 http://www.atpress.ne.jp/releases/47816/img_47816_4.jpg )

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング