「安否確認サービス」の新バージョンを6月24日(火)より提供開始 家族の安否確認にも対応した『ファミリープラン』を新たに追加

@Press / 2014年6月24日 11時0分

家族掲示板の画面
サイボウズスタートアップス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本 裕次、以下 Cstap)は、2014年6月24日(火)「安否確認サービス」のバージョンアップを発表いたしました。

「安否確認サービス」: http://anpi.cstap.com/


■新プラン『ファミリープラン』を追加
「安否確認サービス」は、2011年12月に提供以来、多くのバージョンアップを繰返してきましたが、従来は基本的な操作が全てできる「スタンダードプラン」と、気象庁の地震情報と連携して一斉送信ができる「プレミアプラン」の計2つのプランを提供しておりました。今回は家族の安否確認にも対応した新プラン『ファミリープラン』を追加することにより3つのプランでの提供となります。


■お客様からの要望によりバージョンアップ
「安否確認サービス」利用中のお客様へのアンケート(2014年実施)で、最も多い67%のお客様から要望された機能が、「家族の安否も確認できる機能」だったため、今回の新バージョンにて対応いたしました。今後につきましても、日常的にお客様からいただく要望を、定期的に行う利用者アンケートによって調査し、新機能として実装していく予定です。
今回の新機能では、事前に登録したメールアドレスへ災害時に通知が届き、家族間で状況を報告し合う掲示板機能を利用することができます。これにより「家族が心配で職場の復旧作業どころじゃない!」といった状態を防ぎ、集中して作業にあたることができます。


■管理者からも閲覧できないプライベートな領域としての家族掲示板
会社への報告と家族間での安否確認を一元的に行うと、その会話が管理者に閲覧されてしまうシステムがありますが、ここでのやり取りが見えてしまうと家族間のプライベートな確認事項などは結局別ツールで行わなければならなくなり二度手間でした。「安否確認サービス」では、他人の家族掲示板は管理者であっても閲覧できないようにし、完全にプライベートな領域として安否確認を含めた情報交換ができる場としました。これにより、緊急時には「安否確認サービス」のみで、全ての情報交換をしていただけます。


■最大8人、ID・パスワードの登録が不要な簡単設定
ユーザーは最大8人まで家族を登録することが可能です。家族を登録する際に必要なのは、名前とメールアドレスのみで、ID・パスワードの登録は不要です。家族の方に送られる全てのメールに、ワンクリックでログイン可能なURLが付随しておりますので、緊急時におけるID・パスワード忘れ等、新たな問題を発生させません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング