東京會舘本舘、4店舗の真夏の饗宴が実現 8月22日(金)・23日(土)限定で6人のシェフによる合同コースを提供

@Press / 2014年7月2日 10時30分

饗宴する6人のシェフ
大正11年に創業し90余年にわたり日本を代表する国際的な社交場を運営する株式会社東京會舘(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:藤原 幸弘)は、本舘の6人のシェフによるランチ、ディナーの饗宴を、2014年8月22日(金)・23日(土)に開催いたします。

東京會舘 現在の本舘での営業は2015年1月末をもって終了し、2018年春に営業を再開予定です。本舘クローズ前のイベントとして“東京會舘本舘のレストラン4店とスイーツ、パン部門も合同でコースを創る”という初めての企画をしました。各レストランの料理を1度に召し上がれる、いいとこどりの内容です。
( http://www.kaikan.co.jp/ )


■イベント名
6シェフ真夏の饗宴

■開催日時
2014年8月22日(金)・23日(土)
ランチ 12:00~/ディナー 18:00~

■開催場所
ランチ :東京會舘1階「シェ・ロッシニ」
ディナー:東京會舘2階「プルニエ」

■参加費
ランチ :¥7,500(税込、サービス料別)
ディナー:\17,300(税込、サービス料別)
ともにファーストドリンク、コーヒー付

■内容 ※番号付メニューは画像または解説あり
<ランチ>シェフたちによる夏野菜で彩る一皿
・江戸東京野菜の一皿(重箱)[日本料理 八千代]
 翡翠茄子、白瓜印籠、小松菜、浅草海苔、千住葱

・カッペリーニと有機野菜の一皿(※1)[西洋料理 シェ・ロッシニ]

・フカヒレ、毛ガニ、江戸伝統の「寺島茄子」とバルサミコ酢を使った一皿
 [中国料理 東苑]

・フランス産 仔牛のロース肉 セミ・ベジタリアンの一皿(※2)
 [フランス料理 プルニエ]

・夏果物を使った一皿 桃とプラムのコンポート[パティシエ 市原]

・トマトとバジルのフィッセルとほんれん草の柔らかパン[製パン長 小山]

<ディナー>ワールドグルメツアー 世界三大珍味と各国の名物を楽しむ
・日本[日本料理 八千代]
 昔の噺「名月」(※3)
 鮑酒蒸、鮓煮、鰻鮨、加良寿美、水晶車海老、ねぎま、蟹磯辺寄

・中国[中国料理 東苑]
 清燉佛跳牆 山海珍味を盛り込んだ滋養蒸しスープ(※4)

・フランス[フランス料理 プルニエ]
 モン・サン=ミシェル沖 ドーバーソールとトリュフの王冠仕立て
 ノルマンドとナンチュワの二色ソース

・スペイン[西洋料理 シェ・ロッシニ]
 イビサ島の天然海塩で焼き上げた仔羊のロティ
 カラコレスとペペロナータのピンチョスとパエリアを添えて

@Press

トピックスRSS

ランキング