≪食卓の衛生管理 実験レポート≫食中毒が気になる季節。キッチン・食卓の衛生管理を見直そう!食卓の水拭き、室内干しを繰り返している台ふきんは、2日目以降は100万個以上、4日目以降は1億個以上の雑菌まみれ!?

@Press / 2014年6月24日 11時0分

調査結果グラフ
 アルコール除菌 ラボ@キッチン&食卓(事務局:東京都渋谷区)では、2014年4月に衛生微生物研究センターと共同で、台ふきんと食卓の雑菌汚染に関する実験を行いましたので、その結果を発表いたします。


■背景
 梅雨や夏になると気になるのが雑菌の繁殖です。当研究所が特に注目しているのが、多くの家庭で行われている台ふきんによる水拭きです。当研究所では、今年4月に、多くのご家庭で日常行われている「台ふきんのシンク脇での室内干し」を行うと、室内干しをした台ふきんに残った雑菌が、時間の経つごとにどうなるのかを調べました。
 その結果、台ふきんをシンク脇で室内干しすると、半日経過しても台ふきんに残っていた雑菌が増殖を続けていました。
 一般的なご家庭では、台ふきんの除菌方法として、1週間に1回程度、熱湯に浸したり、漂白剤を使用して除菌を行っているご家庭が多いと思われます。そこで、今回は、そのような家庭を想定し、1週間台ふきんを繰り返し使用して、雑菌がどのように増えているのかを調べました。


■実験内容
(台ふきんの使い方)
 清潔な台ふきんで、食事後を想定した食べカスなどが付着している食卓を水拭きする。
 台ふきんを水道水でもみ洗いし、水を絞った上で、梅雨時を想定した気温25℃、相対湿度75%の室内環境で干す。同じ台ふきんを使い、食卓の水拭き・水洗い・室内干しを朝夕2回、6日間繰り返す。

(雑菌の採取のタイミング)
1日目は、最初に食卓を水拭きして、台ふきんを水洗いした直後に採取・計測。
2日目以降は、毎朝、台ふきんを使用する直前の乾いた状態の時に採取・計測。


■調査結果
<2日目・3日目の台ふきんからは、100万個以上の雑菌を検出。
 4日目以降になると、常に1億個以上の雑菌が繁殖。18億個を検出した日も。>

 食卓の水拭き・水洗い・室内干しを朝と夕方に行った2日目の朝の台ふきんからは、100万個の雑菌を検出しました。4日目以降になると、毎日1億個以上の雑菌を検出。中には、18億個の雑菌を検出した日もありました。

▼調査結果グラフ
http://www.atpress.ne.jp/releases/47865/img_47865_1.jpg

<7日目の朝の台ふきんで、食卓を水拭きすると76,000個/10平方センチメートルの雑菌が食卓に付着>

 食卓の水拭き後、水洗いと室内干しを朝夕6日間繰り返した7日目の朝の台ふきんで、消毒をした清潔な食卓(菌数:検出限界以下)を水拭きしました。すると、76,000個/10平方センチメートルの雑菌が食卓に付着しており、食卓をきれいにするどころか、雑菌を広げてしまう結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング