エムオーテックス×イーディーコントライブ 「LanScope Cat専用セキュリティUSBメモリ」をリリース!

@Press / 2014年6月25日 11時30分

 エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口 達也、以下 MOTEX)は、イーディーコントライブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:尾上 昌隆、以下 イーディーコントライブ)のセキュリティUSBメモリを採用し、「LanScope Cat専用セキュリティUSBメモリ」として7月1日にリリースします。

暗号化USBメモリ『Traventy 3』製品サイト
http://www.safety-disclosure.jp/products/traventy_3/index.html
セキュリティUSBメモリ『TRAVENTY(TM) V SuperVision』製品サイト
http://www.safety-disclosure.jp/products/traventy/index.html


 USBメモリは手軽で便利な一方、情報漏えい事故やウイルス感染などのセキュリティ面での課題も大きく、企業においてその対策は必須の課題であると言えます。しかし単に「禁止」をしてしまうと、利便性もともに下がってしまいます。
 LanScope Catのデバイス制御機能は、社内のCDやDVD、USBメモリなどのデバイスを一元管理・制御することが可能です。端末ごとに「読み取りのみ許可」「読み書き禁止」の設定ができ、禁止デバイスが接続されるとユーザーに禁止通知し、不正利用を抑制できます。また、端末ごとやデバイスごとの詳細な条件で限定的にデバイス利用を許可し、現場に即した運用ができます。

 さらに、今回リリースする暗号化やウイルスチェック機能が搭載された「LanScope Cat専用USBメモリ」を組み合わせることで、専用のプロダクト名から「LanScope Cat専用USBメモリ」のみを許可し、私物USBメモリなどそのほかのデバイスの接続を禁止することができます。これにより会社で導入したセキュリティUSBメモリのみを使用させるというセキュアな環境を作ることができます。

URL: http://www.lanscope.jp/cat/products/ed-contrive/


■「LanScope Cat専用USBメモリ」の特長
対象製品:暗号化USBメモリ『Traventy 3』、『TRAVENTY(TM) V SuperVision』

特長1:トレンドマイクロ社製ウイルス対策機能搭載
Trend Micro USB Security(TMUSB)は、データ領域にコピーされた不正なファイルを自動的に、検知・隔離を行います。パターンファイルはTMUSB起動時に自動的にインターネット経由でアップデートを行うので、新種のウイルスにも万全な対策が取れます。

@Press

トピックスRSS

ランキング