- 日経BPコンサルティング調べ「Webブランド調査2014-春夏」 -トラベル系2サイトがゴールデンウィーク向けプロモーションで躍進 「楽天市場」4回連続首位ならず、「Yahoo! JAPAN」がトップ返り咲き

@Press / 2014年6月27日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、インターネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2014-春夏」の結果をまとめ、2014年6月27日に調査結果報告書を発行・発売します。

本リリース掲載ページ
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/0627wb/


【調査結果のポイント】
○トラベル系2サイト、「じゃらんnet」「JTB」が急上昇
 「じゃらんnet」、ゴールデンウィーク向けプロモーションが功を奏し、サイト利用増。サイトの信頼性や好感度が高まる。
○全体ランキングトップ3は、「Yahoo! JAPAN」「楽天市場」「Amazon.co.jp」
 「楽天市場」が首位陥落。サイト利用状況好調も、サービスへの関心、サイトの信頼性低下。
 「Yahoo! JAPAN」、キャンペーンや会員ページの利用好調でトップに返り咲き。
○業種別では、「情報通信」「電機、電子、精密機器、コンピュータ」上昇
 「情報通信」、新規顧客獲得合戦の影響か、キャンペーンや会員専用ページ利用増。
 「電機、電子、精密機器、コンピュータ」、増税前の駆け込み需要を背景に、製品・サービスへの関心増。


■トラベル系2サイト、ゴールデンウィーク向けプロモーションでサイト評価急上昇
 インターネットユーザーがサイトのブランド力を評価する「Webブランド指数」が、今回最も上昇したのは「じゃらんnet」、第2位は「JTB」だった(表1)。「じゃらんnet」は前回の63.4ポイントから、今回12.8ポイント上昇して76.2ポイントを獲得。順位も前回の第33位から第9位に上がった。上昇ランキング第2位は「JTB」。トラベル系のサイトがトップ2を占めた。
 「じゃらんnet」は、「アクセス頻度」をはじめ、サイトの利用全般が上昇(図1)。サイト上での購入・申込が伸びて、「コンバージョン」が9.3ポイント増と大きく上昇している。加えて、利便性や信頼性、リピート意向といったサイトそのものの魅力も認められ、「サイト・ロイヤルティ」が急上昇した(83.1ポイント、前回より14.8ポイント増)。今回、トップページに大きな改訂はなかったが、ゴールデンウィーク向けのポイントプレゼントなどキャンペーンが功を奏し、サイトの利用価値も認められた。
 「JTB」は、「コンバージョン」「サイト・ロイヤルティ」に加え、「態度変容」の伸びが特に大きく(63.0ポイント、前回より25.6ポイント増)、サービスへの関心や購入・申込意向がいずれも「じゃらんnet」を上回った(図2)。今回、トップページ右上にトピックス欄が設けられ、お得感の訴求が強化されている。これにより、関心層の取りこみに効果があったようだ。

@Press

トピックスRSS

ランキング