グラモ、環境センサー搭載「iRemocon Wi-Fi」を開発 ~家電制御、Wi-Fiコンバーター・リピーター、センサー機能を搭載~

@Press / 2014年6月25日 11時0分

本体イメージ(CG)
株式会社グラモ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 功)は、当社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』の新機種である「iRemocon Wi-Fi」を開発し、2014年8月から販売を開始致します。

「iRemocon Wi-Fi」は、従来の『iRemocon』の機能である、赤外線リモコン対応機器の遠隔操作やその他全ての機能に加え、Wi-Fiコンバーター機能、Wi-Fiリピーター機能、センサー機能(温度・湿度・照度)を搭載し、更に便利にご利用頂ける進化版となります。
また、大量生産によるコストダウンを図り、高機能と低価格を実現致しました。


【本体イメージ(CG)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/47920/img_47920_1.jpg

【操作アプリ画面】
http://www.atpress.ne.jp/releases/47920/img_47920_2.png


【販売価格】
・オープン価格


「iRemocon Wi-Fi」は、以下の販売形態により一般ユーザーを始め、住宅関連企業や通信キャリア等を通じての提供を想定しており、取り扱いパートナーの募集を開始しております。

・ハウスメーカー等住宅関連企業、通信キャリア等への販売
・取り扱い代理店を通じての販売
・ECサイトでの販売
・カスタマイズ対応及びOEMでの販売


『iRemocon』は発売以来、手軽にスマートハウスを実現できる機器として多くのユーザーに利用して頂いております。その進化版となる新機種の「iRemocon Wi-Fi」は、従来の『iRemocon』と比較して以下のような特徴がございます。

・Wi-Fiにより置き場所を選ばない
・別売りのウォールマウントを利用することによって壁や天井にも設置が可能
・Wi-Fiコンバーター機能により、TVやプリンターなどの有線LAN機器を無線化できる
・Wi-Fiリピーター機能により、Wi-Fi電波の届き難い場所の中継局になる
・センサー機能で外出先から自宅の状況が把握できる
・超高出力な赤外線LEDを360℃の範囲で出力(部屋の隅々の家電を制御可能)
・赤外線学習能力の向上

「iRemocon Wi-Fi」のAPI(Application Programming Interface)についても『iRemocon』と同様に公開を行いますので、一般ユーザーはもちろん、自社で開発されたアプリやシステムとの連携も容易に可能となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング