業界最高濃度!『プラセンタN12』原料及びマーク発行のお知らせ ~高濃度プラセンタ(タンパク質含有量7.5%)を1%以上配合している証『プラセンタN12』マーク~

@Press / 2014年7月1日 10時0分

『プラセンタN12』マーク
株式会社カリテスジャパントレーディング(本社:東京都新宿区、代表取締役:大島 正人)は、2014年7月より当社で製造販売する窒素量1.2%(タンパク質含有量7.5%)の馬プラセンタ原料(『プラセンタN12』原料)が、容量の1%以上配合された製品に対し『プラセンタN12』のマークを発行することとなりましたのでお知らせいたします。

『プラセンタN12』マーク:
http://www.atpress.ne.jp/releases/47928/img_47928_1.jpg


【『プラセンタN12』原料とは?】
通常、胎盤からプラセンタの主成分であるタンパクをアミノ酸レベルまで分解するには、「酵素」と「水」を加えて分解する方法が用いられます。
そのため、製品化されたプラセンタの全成分表示は「水」「プラセンタエキス」となります。
しかし、『プラセンタN12』は、「水」を全く加えず、胎盤が持つ水分のみでタンパクを分解しているため、製品化されたプラセンタの全成分表示は「プラセンタエキス」のみとなります。

当社では、長年の技術研究により、独自の特殊分解釜を開発しました。
「水」を加えることなく、原材料である胎盤の水分のみで分解する方法として、振動エネルギーを与えることで酵素の働きを活発化させ、加熱時間を短縮することに成功しました。
タンパク質分解されたプラセンタは、高濃度のため非常に粘度が高くなっております。そのため、薄めることなく高濃度のままで製品の原料とするには、高濃度でも粘度の低いサラサラとした状態を造り出すことが必要でした。
そこで、超高圧抽出器により245Mpa(メガパスカル)という高圧で、プラセンタ原料の粒子を相対速度マッハ4で衝突させることで微粒子化することに成功し、その上プラセンタ臭の低減にもなり、臭いの少ないサラサラとした窒素量1.2%(タンパク質含有量7.5%)という業界最高濃度の『プラセンタN12』が誕生いたしました。


【『プラセンタN12』原料1%以上含有の証:『プラセンタN12』マーク】
お肌のキメを整え明るい肌へ導くと言われているプラセンタ。
美容サロンの他、美容皮膚科でもプラセンタ入りのエイジングケアやサプリメントを推奨している所も少なくありません。
プラセンタが本来持つ様々な美容効果を実感するには、アミノ酸を多く含むプラセンタを高濃度のまま製品化していただくことが重要です。

しかし、一般的なプラセンタ製品の成分表示を見ると「プラセンタエキス」としか書かれておらず、実際の濃度が判らないのが現状です。
中には、プラセンタを少ししか含んでいないにも拘らず「プラセンタ配合」と掲げた商品も流通しており、せっかくプラセンタの効果を知っていただいたのに、肝心の含有量不足で実感できないということも珍しくありません。
当社の窒素量1.2%(タンパク質含有量7.5%)の『プラセンタN12』原料の場合、容量の1%以上含まれていることが重要と考えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング