スペインで開催される「第10回 世界ファブラボ代表者会議(FAB10)」にゴールドスポンサーとして協賛

@Press / 2014年6月27日 10時30分

ニール・ガーシェンフェルド氏
業務用インクジェットプリンターや3次元切削加工機を製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社(取締役会長兼社長:冨岡 昌弘、本社:静岡県浜松市)は、7月2日から8日までの7日間、スペイン・バルセロナ市で開催される「第10回 世界ファブラボ代表者会議(以下 FAB10:ファブテン)」にゴールドスポンサーとして協賛しますのでお知らせいたします。

URL(英語): https://www.fab10.org/en/


【Fab Labについて】
「Fab Lab(ファブラボ)」は、米国マサチューセッツ工科大学のニール・ガーシェンフェルド教授が提唱した、アナログからデジタルまでの様々な工作機器を取り揃えた市民工房です。現在、世界50ヶ国以上に250ヶ所以上のファブラボ拠点があり、「MAKE(作る)」「LEARN(学ぶ)」「SHARE(分かち合う)」の3つのコンセプトの下、個人の自由なアイデアに基づくものづくり「Personal Fabrication(パーソナル・ファブリケーション)」を支援するとともに、世界各地のファブラボ間のネットワーク化により、ものづくりに関する知恵やノウハウを共有し、国境を越えて協働するグローバルなものづくりコミュニティを形成しています。世界ファブラボ代表者会議は、年に一度、世界中のファブラボ関係者が一堂に会する場であり、特定のテーマの課題解決に協力して取り組むワークショップや実習、デジタルものづくりに関するシンポジウム、各Fab Labの成功事例や取り組み事例の紹介など多様な活動が行われます。


【協賛する背景】
当社が世界ファブラボ代表者会議に協賛する背景には、デジタル技術を活用したものづくりの可能性を広めることで、人々の想像性や創造性を解放し、新たな価値を実現していくというFab Labの理念への共感があります。新しい何かを生み出そうとする人々が、どのような夢やアイデアを持ち、グローバルレベルでどのように協働し、また、どのようにカタチにしていくかを目の当たりにすることは、当社のDesktop Fabrication(デスクトップ・ファブリケーション:机上でのものづくり)コンセプトを磨くうえで、また、「イメージをカタチに」のビジョンの下に開発される当社製品のさらなる可能性を追求するうえで最適な場であると考えております。


【昨年のFAB9】
昨年当社が協賛しましたFAB9(ファブナイン)では、ファブラボ・ジャパンのファウンダーである慶應義塾大学環境情報学部准教授、田中 浩也氏主導の下、デジタルものづくりの創造性が個々人に限らず、産業、教育、生活、芸術など幅広い領域に影響を与える裾野の広い活動であることが喧伝され、デジタルものづくりに対する人々の認知と関心が大きく高まりました。FAB9後は、日本各地で新たなFab Labが続々と設立されるとともに、総務省が、田中氏を座長とする「ファブ社会の展望に関する検討会」を設置し、人々がネットワークを介してデジタルものづくりに参画する「ソーシャル・ファブリケーション」の価値と将来ビジョンの検討を開始しました。一方で田中氏は、会場となった横浜市をFab City(ファブシティ)とする構想を打ち出し、FAB9をきっかけとして構築された社会的資本を活用し、Fab Labを中心に大学、行政、企業、市民が密接にかかわることで街全体の創造性を高めていくためのプロジェクトを始動しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング