BIGLOBEがLTE対応の「音声通話SIM」を月額1,600円から提供開始 ~現在利用している携帯電話番号をそのまま引き継げる~

@Press / 2014年6月30日 15時15分

音声通話SIMサービス紹介イメージ
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2014/06/140630-b


 ビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」( http://0962.jp/pr/lte/ )において、090等の電話番号で音声通話が可能な「音声通話SIM」を、明日(本年7月1日)より提供開始します。「音声通話SIM」は、月額1,600円(税別)(注1)から提供し、現在利用している090等の通話用の携帯電話番号(注2)を、そのまま継続して利用することも可能です(MNP対応)。

<音声通話SIMサービス紹介イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/48021/img_48021_1.png


 「音声通話SIM」利用者は、BIGLOBEの公衆無線LANサービス「Wi-Fiスポット」を追加料金不要で利用できます。Wi-Fi利用をサポートするアプリ「オートコネクト」を活用することで、LTEの通信量を抑えた快適なネット利用が可能です。「オートコネクト」についても機能拡充し、当月や前月に利用したLTEおよびWi-Fiのデータ通信量が分かるほか、設定したデータ通信量を超えた際に通知する等の機能を明日(本年7月1日)より追加します。
( http://0962.jp/pr/AutoC/ )


 「音声通話SIM」と「オートコネクト」機能強化の概要は以下の通りです。


1.「音声通話SIM」を月額1,600円から提供開始
 「音声通話SIM」は、090等の電話番号で国内外の固定電話や携帯電話と音声通話ができる通話機能と、LTEの高速データ通信をセットにしたSIMカード。また、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)にも対応しているため、現在利用している090等の通話用の携帯電話番号をそのまま引き継ぐことも可能。月間のデータ通信容量を1GBまで(注3)に抑えてお得に使える「音声通話スタートプラン」のほか、月間のデータ通信容量が2GB、3GB、7GBまでの従来のプランと組み合わせて利用できる「音声通話オプション」も用意。(別紙)


2.Wi-Fiアプリ「オートコネクト」の機能を拡充
 当月や前月に利用したLTEおよびWi-Fiのデータ通信量を日別グラフで把握できる機能のほか、契約プランの月間データ通信容量(注4)に対して、当月に利用した分を簡単に確認できる機能を追加。個別に設定した上限値の超過時にアプリが通知してくれる機能も追加されているため、利用者は計画的にLTEとWi-Fiを使い分けることが可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング