「NPO・ソーシャルビジネスに関する20代・30代の就業意識調査」を実施

@Press / 2014年6月27日 14時0分

調査結果 グラフ1
次代を担う起業家型リーダーの輩出を通じて社会のイノベーションに貢献する特定非営利活動法人エティック(所在地:東京都渋谷区、代表理事:宮城 治男、以下 ETIC.)は、「NPO・ソーシャルビジネスに関する20代・30代の就業意識調査」を実施しました。本調査は、株式会社セレス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:都木 聡、以下 セレス)の協力を得て、セレスが運営するポイントサイト・モッピーの登録会員を母集団とする全国の20代・30代の男女を対象としています。


社会問題の課題解決に取り組むNPOやソーシャルビジネス(以下 SB)に近年注目が集まっています。ETIC.が2013年5月より開始したNPO・SB・ベンチャーに向けた求人サイト「DRIVE( http://www.etic.or.jp/drive/ )」においても、企業からNPOなどへ転職が増加する傾向がみられます。
本調査は、将来の担い手となる20代・30代が、NPOやSBをキャリアの選択肢としてどう捉えているかを明らかにすることにより、今後の担い手育成・支援に役立てることを目的としています。以下では、調査から得られた主な示唆を報告いたします。

詳細なレポート: http://www.etic.or.jp/drive/labo/3039


<要約>
●20代・30代の若者の17.0%が、「NPO・SBで働いてみたい」と回答している。
●「働いてみたい」層は、「働きたくない」層と比較して、「学生時代の授業や研究でNPO・SBや社会問題を取り扱った」「町内会やお祭り、ゴミ拾いなど地域での活動経験がある」「社会貢献や非営利活動についてのイベント・講座に参加したことがある」などの経験を持つ傾向がある。
●「働いてみたい」層は、「働きたくない」層と比べて「人や社会の役に立ちたいと思うほうだ」「社会的に認められる仕事や地位につきたい」「自分自身の能力やスキルを高めていきたい」「身の回りや社会で起きている問題が気にかかるほうだ」と答える傾向がある。


■調査概要
調査方法 :インターネットによる調査
調査対象 :全国の20代・30代の男女(セレスが運営するポイントサイト・モッピーの登録会員を母集団とする)
対象者構成:男性20代 244名、男性30代 256名、女性20代 266名、女性30代 258名
調査時期 :2014年3月24日~2014年3月26日
実施機関 :NPO法人ETIC.( http://www.etic.or.jp/ )
アンケート実施協力:
株式会社セレス(アルバイト求人サイトモッピージョブを運営
        URL http://mpjob.jp/ )
※小数点第2位を四捨五入しているため、構成比の計が100.0%とならない場合があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング