The BONEZがZippoとのコラボ楽曲を発表、ステージ共演できるコンテスト「Battle of THE PLAYER」を開催

@Press / 2014年6月30日 15時0分

The BONEZ x Zippo
風に強いライターのメーカーとして世界的に知られるZippo Manufacturing Company(本社:米国ペンシルバニア州ブラッドフォード)は、このほど、ロック・バンド「The BONEZ」とコラボレートし、ロック音楽とのつながりを強化する試みを開始します。Zippoとのコラボレーションによる新曲"Place of Fire"の発売を記念し、The BONEZやZippoのファンだけでなく、全ての音楽ファンとプロ・アマ両方の音楽クリエーターの中からThe BONEZのライブで共演するパフォーマーを発掘する、コンシューマー発信型キャンペーン「Battle of THE PLAYER」を実施します。

The BONEZは音楽に対する圧倒的な情熱をもつバンドで、人気ロック・バンドRIZEのフロントマンであるJESSE、Pay money To my PainのT$UYO$HIおよび ZAX、そして元RIZEのNAKAによる本格派ロック・バンドです。本キャンペーンはThe BONEZが主体となって行い、JESSEのマルチエンタテイメントプロジェクト"Stand Up!"のパートナーであるZippoとのコラボレーション企画の一環として実現しました。

本キャンペーンでは、Zippoとのコラボレーション曲である"Place of Fire"のローンチを記念し、The BONEZのライブステージで共演するパフォーマーを一般から募集します。アーティストのためのオンラインマッチングサービス「getstage」上で投稿された作品に対する投票を行い、The BONEZメンバー全員の選考によりステージ共演者1名(組)を決定します。優勝者は、The BONEZが初めてソロライブを行ったライブハウスである下北沢シェルターで、JESSEの誕生日である8月11日に開催されるライブ「JESSE’s Birthday BASH」のステージにて、「Battle of THE PLAYER」のウィニングパフォーマーとして出演して頂く予定です。

"Stand Up!"プロジェクトにとって、ライブが行われる2014年8月11日の“11”という数字には、特別な思いが込められています。プロジェクトを主催するJESSEは、2011年にRIZEでのデビューから11年目を迎えたことから、自身の誕生日である8月11日をベースに、2011年11月11日に"Stand Up!"プロジェクトをスタートしました。そのため、この“11”という数字にちなみ、2013年1月11日にThe BONEZとして最初のソロライブが行われるなど、これまでの"Stand Up!"プロジェクトが行われてきました。

@Press

トピックスRSS

ランキング