クリステンセン教授の集大成、イノベーション理論の最終章がついに完結!『イノベーションの最終解』紙・電子版同時発売

@Press / 2014年6月30日 13時15分

『イノベーションの最終解』書影
株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、クレイトン・M・クリステンセン、スコット・D・アンソニー、エリック・A・ロス著、櫻井祐子訳、玉田俊平太解説『イノベーションの最終解』(原書:Seeing what's next : using the theories of innovation to predict industry change)を2014年7月7日に刊行いたします。また、7月13日(日)までの期間限定で発売を記念した30%オフキャンペーンをKindleストアにて実施いたします。

Kindleストア『イノベーションの最終解』URL:http://www.amazon.co.jp/dp/B00L18FT60

【書籍概要】
ハーバード・ビジネススクールの看板教授のクリステンセン教授が、『イノベーションのジレンマ』、『イノベーションへの解』で展開してきた理論を、さまざまな業界に応用し、イノベーションがもたらす破壊を予見するための手法を示した画期的到達地点。
具体的には業界全体の動向を判断するための理論的枠組みを提示し、ビジネスチャンスのありか、競争相手の実力、戦略的判断、非マーケット要因の見きわめ方を詳述し、業界全体の未来を見通すレンズを提示する。

【著者紹介】
◆クレイトン・M・クリステンセン(Clayton M. Christensen)
ハーバード・ビジネススクール(HBS)の看板教授であり、イノサイト社の創設者。「破壊的イノベーション論」で一躍ビジネス界に不動の地位を確立した。発表した論文は、50年以上の歴史をもつマッキンゼー賞受賞5回を含む数多くの賞を授与している。『イノベーションのジレンマ』(増補改訂版、2001年)、続編の『イノベーションへの解』(2003年)、『イノベーションへの解 実践編』(2008年)、『教育×破壊的イノベーション』(2008年)、『イノベーションのDNA』(2011年)、自身初の人生訓となる『イノベーション・オブ・ライフ』(2012年)などの邦訳書がある(いずれも翔泳社)。 

◆スコット・D・アンソニー(Scott D. Anthony)
ダートマス大学で経済学を学び、主席で学士号を取得。HBSでは優等でMBAを取得。イノサイト社の共同経営者。クリステンセンとの共著に『イノベーションへの解 実践編』がある。

◆エリック・A・ロス(Erik A. Roth)
 ミドルベリー大学で国際政治経済学士、HBSでMBAを取得。マッキンゼーに勤務するコンサルタント。

@Press

トピックスRSS

ランキング