ACCESS、EPUB 3対応の電子教材用ビューア「PUBLUS(R) Reader for Education」をv2.0にアップデート ユーザーインターフェース刷新と機能強化により、学習者の使い勝手を更に向上

@Press / 2014年6月30日 12時0分

コンテンツフィルタ機能で本棚上での絞りこみが可能です。
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下、ACCESS)は、EPUB 3に準拠した教材向け電子書籍ビューア「PUBLUS(R) Reader for Education v2.0」(以下、v2.0)を開発した旨を発表いたします。v2.0はユーザーインタフェース(以下、UI)を刷新し、学習者の使い勝手を更に向上させています。ACCESSはv2.0を、教科書出版社をはじめとする教育コンテンツホルダー、学校法人、塾、予備校等に向けて今秋より提供開始する予定です。これに先行し、7月2日から開催される「第18回 国際電子出版EXPO」にてv2.0を初披露いたします。

 今春発表いたしました「PUBLUS Reader for Education」(以下、v1.0)は、世界標準であるEPUBに準拠しつつ、電子教材ならではの複雑な表現力を兼ね備えたビューアです。教育向けの複雑な表現(縦書き、数式、漢文、画像回り込み等)への対応に加え、教材紙面そのものの固定レイアウト表示と、アクセシビリティを高めたリフロー表示のハイブリッド表示が可能であり、他にはない高度な表現力を備えています。

 v2.0では、v1.0の高度な表現力はそのままに、学習者にとってより使いやすいビューアとすべく、UIを刷新しました。外部識者の意見も取り入れながら、特別な支援を必要とする学習者や高齢者の使いやすさなども考慮した、ユニバーサルデザインを採用しております。機能面でも引き続き強化を進めており、本棚上のコンテンツフィルタ機能、ハイブリッド画面の位置・サイズ調整機能、複数コンテンツ表示機能、関連コンテンツ連携機能等を追加しました。v2.0はUI、機能の両面を進化させることで、学習者の使い勝手を格段に向上しています。

 ACCESSは東京書籍株式会社のご協力の下、v2.0を用いた実際の教育現場での実証研究を、今秋より予定しております。ここで得られるフィードバックを通じて、多様な学習者にとって、より使いやすいビューアとなるよう、今後もUIの改善や機能強化を進めていく予定です。

【ビューア表示例】(画面は東京書籍株式会社との共同研究によるv2.0先行試作版のものです)
http://www.atpress.ne.jp/releases/48105/img_48105_1.jpg
コンテンツフィルタ機能で本棚上での絞りこみが可能です。[★]
http://www.atpress.ne.jp/releases/48105/img_48105_2.jpg
リフロー画面(ハイブリッド機能)の位置・サイズ調整が可能です。[★]
http://www.atpress.ne.jp/releases/48105/img_48105_3.jpg
文字サイズ・書体・文字色・背景色・行間を自由に切り替えることが可能です。
http://www.atpress.ne.jp/releases/48105/img_48105_4.jpg
関連コンテンツ(副教材等)を連携させることが可能です。[★]
http://www.atpress.ne.jp/releases/48105/img_48105_5.jpg
ユニバーサルデザインを採用し、直感的な操作が可能です。[★]
http://www.atpress.ne.jp/releases/48105/img_48105_6.jpg
教材上に自由にメモを残すことが可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング