初のDropbox連携チャット【meety】提供開始

@Press / 2014年6月27日 11時45分

【meety】Dropbox連携
 モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田昌史 以下ネオス)は、この度、ビジネス向けにも活用できる新しいタイプのチャット【meety】を、iPhone向けに開発いたしました。当アプリは「App Store」で無料でダウンロードすることができます。

【meety】は、チャットタイプのコミュニケーションツールです。一般的なチャット機能の他、ワンタッチで端末内のデータを添付する感覚で、オンラインストレージであるDropbox内のストレージデータを直接共有出来る事が大きな特徴です。添付データもOfficeドキュメントやPDFなど、ビジネスに必要とされるさまざまなデータ形式や音楽、動画などのメディアファイルにも対応しており、PCで作成した資料をオンラインストレージに保存すればスマホのチャットで共有することが可能です。共有されたファイルはチャットルーム毎に管理されるので、後で探すのも簡単です。今後、Dropboxに続き、メジャーなオンラインストレージとの連携を随時拡大していく予定です。
今やLINEなどの普及で、チャットはメールよりも使い慣れたコミュニケーション手段となりつつあります。【meety】を使えば、普段のコミュニケーションだけでなくビジネスコミュニケーションも、従来のメールからチャットに置き換えることが可能となります。

また、グループチャット内で、グループの中でも必ず読んでほしい人に向けてチャット文章に「to(宛先)指定」をする事ができます。内容はグループ内で共有されますが、必ずチェックしてほしい相手を指定することが可能です。自分の近況を投稿しシェアできるウォール機能も搭載している他、気になる投稿やじっくり読みたい投稿は「Favorite」にチェックを入れることで、投稿がタイムラインに埋もれることなく、後でまとめて読むこともできます。
 【meety】は、上記のような機能を有することにより、個人ユースはもとより、ビジネス向けツールとしても有効に活用することができます。

<【meety】主な機能>
(ビジネスシーン向け)
■Dropbox連携機能:チャット内で、ワンタッチでDropbox内のストレージデータを直接共有することが出来ます。OfficeドキュメントやPDFなどビジネスに必要なデータ形式や音楽、動画などのメディアファイルに対応しており、PCで作成した資料をスマホのチャットで共有することも可能です。
■チャット毎のファイル管理:チャットで共有したファイルはチャットグループ毎に管理されるため、後で簡単に探すことが出来ます。また、受信したファイルを他のチャットに展開することも可能です。
■to(宛先)指定機能:グループチャット内で、グループの中でも必ず読んでほしい人に向けてチャット文章に「to(宛先)指定」をする事ができます。必ずチェックしてほしい相手を指定することが可能です。
■ウォール機能:気になった情報を手軽に友達に展開できます。 気になる投稿や後でチェックしたい投稿を「Favorite」にチェックすることで、後からその投稿だけをまとめてチェックすることもできます。また、自分だけしか閲覧できない投稿も残せるので、備忘録としても利用可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング