浴衣で飛騨高山の情緒ある町並みをお得に楽しもう 「飛騨高山でニッポンの夏休み」企画、7月12日から開始

@Press / 2014年7月15日 10時30分

古い町並みの町歩き
飛騨高山でニッポンの夏休み実行委員会(共催:高山市観光連絡協議会)は、飛騨高山の知られざる古い町並みの魅力を、より多くの方に知っていただくため、飛騨高山の町並みだからこそ魅力的に映る、浴衣での町歩きを提案する「飛騨高山でニッポンの夏休み」企画を2014年7月12日から開始致します。

URL: http://www.takayamaryokan.jp/event/hida_summer.html


【企画開催に至った背景】
飛騨高山の古い町並は、上町(かみちょう)エリアと下町(しもちょう)エリアに大きく分けることができますが、現状では、観光客が主に訪れるのは「古い町並み」がある上町となっています。下町にも大きな魅力があることを広く知っていただきたいという想いから、今回の企画が発足しました。
国指定重要文化財に指定されている「日下部民芸館」や「吉島家住宅」をはじめとした、様々な観光スポットなど、上町とはまた異なる魅力を持つ下町エリアの情報を発信することで、上町まで足を運んだ観光客に下町エリアにも足を踏み入れてもらい、若年層を主なターゲットに、下町の魅力をより深く感じていただくことを目的としています。


【「飛騨高山でニッポンの夏休み」概要】
周遊を促すための仕組みとして、下町のエリアの魅力を詰め込んだ「まちあるき手形(クーポン付)」を発行し、浴衣で来訪すると更にお得になる特別なイベントを行います。

<浴衣で各観光スポットをお得に楽しめる>
浴衣を着てご来場いただくことで、「日下部民芸館」や「吉島家住宅」など、下町の代表的な観光スポットをお得にお楽しみいただけます。
スポットによっては、限定の観光プランをご用意しており、普段は見ることが出来ない場所を見ることが可能です。

また、和服に慣れていないという方でも安心してお楽しみいただけるよう、浴衣のレンタルと着付けは現地の老舗呉服店や宿泊施設(一部)でも行えるようにいたしました。
お気に入りの浴衣を持ち込みいただくことも、その場でお気に入りの一枚をお選びいただくことも可能です。(老舗呉服店でのレンタルは完全予約制)

<まちあるき手形について>
手形は、高山の地元民「ひだびと」がおすすめするお店にご協力いただいています。飛騨の郷土料理が食べられる人気食事処や、地元人が昔から愛している食堂、飛騨牛調理専門店などの飲食店の他、国指定重要文化財や高山祭屋台会館など高山を代表する文化財に触れられる施設でも使用できます。また、飛騨のせんべい焼きの体験や、砂金取りなどの体験がお得になるなど、食事・文化・体験などあらゆるカテゴリーのお店で使用できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング