アラガン・ジャパン「乳がんと乳房再建に関する意識調査」男性の約8割が配偶者やパートナーの乳房再建を支援

@Press / 2014年7月1日 15時0分

 アラガン・ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:レオ・ワイ・リー)は、全国の20代から60代の一般男女1,000人と身近に乳がん患者さんがいる男女300人を対象に実施した、乳がんと乳房再建に関する意識調査の結果を発表しました。
 毎年約6万人が乳がんと診断され、そのうちおよそ40%が乳房を全切除すると言われていますが、その後、乳房を再建する女性は現在1割強(※1)にとどまっています。

■40~60代男性の8割近くが乳房再建を積極的に支援
 今回の調査で、自分(女性の場合)または配偶者やパートナー、家族(男性の場合)が、乳がんと診断され乳房を切除することになったら乳房再建を希望または賛成するかを聞いたところ、「希望する」と答えた女性は40~60代で全体の62%だったのに対して、同年代の男性で配偶者やパートナーの乳房再建に「賛成する」と回答したのは79%に上りました。
 中でも、50代の男性で賛成する人が83%と最も多く、60代の男性では79%で、中高年の男性は、配偶者やパートナーが乳がんで乳房を切除した場合の乳房再建を積極的に支援しようとしていることが明らかになりました(別紙 図1)。
 全世代を通してみても、乳房再建を希望する女性(63%)よりも、賛成する男性の割合のほうが72%と高く、男性が世代を超えて、配偶者やパートナーが乳がんで乳房を切除することになっても、乳房再建という選択をすることで、前向きな気持ちで自信を持って生きてほしいと願っていることがわかりました(別紙 図2、図3)。

■保険適用と高額療養費制度の活用で自己負担は10万円程度 乳房再建をより選択しやすく
 今回の調査で、乳房再建について、「費用負担」が一番の懸念点とわかりました(別紙 図4)。一方で、乳房再建に健康保険が適用されることを知っていたのは全体の3%に過ぎず(別紙 図5)、乳がん患者さんが身近にいる人でも8%にとどまりました。シリコンインプラントを使った乳房再建への保険適用が2013年7月に開始されて1年が経つものの、認知は極めて低いという結果になりました。保険は、以前に乳房を全切除した患者さんが今後再建を行う場合にも同様に適用されます。以前は100万円程度かかっていた乳房再建が、保険適用と高額療養費制度の活用によって自己負担額は10万円程度となり、選択しやすくなりました。今回の調査で、実際の自己負担額が10万円程度であることを知った後は、「費用負担」を懸念点に挙げた人は63%から37%に減り、保険適用や費用について正しい理解と認知を広めることが求められる結果となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング