コダック アラリス、新コンセプトのワークグループスキャナーKODAK SCANMATE i1150/i1180およびビジネスワークフローを構築するKODAK Info Activate ソリューションを発売開始

@Press / 2014年7月2日 11時0分

KODAK SCANMATE i1150 製品画像
コダック アラリス ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島 栄三、以下 コダック アラリス ジャパン)は、本日、新型のワークグループスキャナー KODAK SCANMATE i1150およびi1180(コダック スキャンメイトi1150/i1180。以下、i1150、i1180)および、重要なデータを紙の文書や電子文書から取得し、ビジネスプロセスのワークフローに組み入れるKODAK Info Activate ソリューションを発表します。


複雑な文書キャプチャおよびトランザクションベースのビジネス環境での管理ニーズに対応するために、KODAK SCANMATE i1150ならびにKODAK SCANMATE i1180スキャナーの2台が、めざましい成功を収めるKODAK SCANMATE ファミリーに新たに加わります。また、KODAK Info Activate ソリューションは、企業での導入が高いMicrosoft SharePoint Server上に完全にシームレスに統合し、キャプチャの簡素化、ワークフローの効率化、容易なコンテンツ管理を実現したソフトウェア製品です。


これらの製品の市場投入は、顧客の要件に対する入念な観察と理解を通じて実現したものであり、コダック アラリスが目指す、特定のビジネスアプリケーションに対して、ターゲットとなるビジネスソリューションを切り開くための取り組みを反映するものです。


【キャプチャを60%高速に行うトランザクションモード装備KODAK SCANMATE i1150 スキャナー】
詳細URL
http://graphics.kodak.com/DocImaging/JP/ja/Products/Document_Scanners/Desktop/SCANMATE_i1150_Scanner/index.htm

KODAK SCANMATE i1150 スキャナーは、顧客と直接のやり取りを行うビジネス取引、つまり、従業員がビジネスプロセスの一環として書類のスキャンが必要な場合を念頭に設計されています。これらのソリューションを使用する従業員は通常、顧客とのやり取りを通じた業務に従事し、業務の進行を円滑に進め、顧客の待ち時間を減らし、顧客満足向上の実現を目指す立場にある人たちです。同時に、日々遂行する取引数の増加を目指す企業も対象にしています。

@Press

トピックスRSS

ランキング