~夫のお小遣い実態調査~夫のお小遣いの平均は35,686円!前回調査より261円減!増税や値上げによる生活費増のしわ寄せが夫のお小遣いに

@Press / 2014年7月1日 11時0分

図1:夫の平均お小遣い額について(n=972)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「夫のお小遣い」についてのアンケートを2014年6月18日~6月24日に実施しましたので、その結果を報告します。

アンケートの対象は、30代~40代の主婦を中心とする当社サービス登録の既婚女性会員、有効回答者数は972名(平均年齢44歳)でした。

【調査結果】
(1)夫のお小遣い額について

http://www.atpress.ne.jp/releases/48242/img_48242_1.jpg
図1:夫の平均お小遣い額について(n=972)

アンケートの回答者に夫のお小遣い額(自由に使える金額)について聞いたところ、最低額0円から最高額300,000円まで幅広い金額となりました。

全体での平均は35,686円でしたが、前回(2013年6月実施)の調査結果では平均35,947円でしたので、全体平均では261円の減額となりました。

また、夫のお小遣い額に昼食代を含むについて確認したところ、含むと回答した方が439名、昼食代は別に渡していると回答した方が533名で、昼食代別の家庭の方がやや多い結果となりました。

お小遣い額の平均額を昼食代込と昼食代別に分けてみると、昼食代込のお小遣い額の平均は44,515円、昼食代別のお小遣い額平均は28,703円と15,812円の開きがありました。

夫のお小遣いに関する妻のコメントでは、下記のように夫婦で支えあっている様子がうかがえました。

「4月にお給料が増えるかなと期待していたのですが増えませんでした。しかし、住宅手当てが手厚くなったため、少し家計が助かりました。だからといって、旦那のお小遣いが増えるとか、贅沢な暮らしにすることはありません。増えても減ってもいつもと変わらない生活を心がけています」(夫の世代:30代、お小遣い額:昼食代込み33,000円、2013年とお小遣い額:変わらない、以下同項目)

「4月に増税を控えているタイミングで私が仕事を辞めたので、夫には苦労をかけています。それでもお小遣いについて何も言わない夫に感謝しています」(20代、昼食代別25,000円、変わらない)

http://www.atpress.ne.jp/releases/48242/img_48242_2.jpg
図2:夫のお小遣い額について【世代別】(n=972)

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング