東北復興支援イベント「MIYAGI POKERUN(ミヤギ ポークラン)」に協賛 POKERUN アプリケーションにデジタルコンテンツデータを提供

@Press / 2014年7月2日 14時0分

 キャンバスマップル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:山本 幸裕)は、一般社団法人東北国際フィルム&アートフェスティバル協会が主催するイベント「MIYAGI POKERUN」に協賛します。


 「MIYAGI POKERUN」は、「支援から自らの手による再生」をテーマとして展開する東北復興支援イベントで、7月30日(水)~8月3日(日)の期間、宮城県内で開催します。東日本大震災から3年がたつ今年、東北復興に改めてより多くの人々の関心を集め、他地域と宮城県の交流を深めることにより、さらなる再生へのきっかけづくりにつなげていくことを目指します。楽しみながらも支援につながることを追求する本イベントでは、クルマ、バイクなどのモビリティーの楽しさを感じながら、復興現場を目で見て、交流することで宮城の現状を体感いただくことができます。


 今回の復興支援イベントに、当社は「支援から自らの手による再生」とのテーマに共感し協賛社として参加させていただきます。また、イベントの一環であるHondaインターナビの技術を活用したスタンプラリーに使用するPOKERUN用アプリに、昭文社デジタルコンテンツ、宮城県観光POIデータの無償提供を行います。

 当社は、昭文社グループの一員として、昭文社の豊富なデジタルコンテンツデータを活かし、東日本大震災による被災地の復興支援にこれからも参画して「真の復興」を目指してサポートしてまいります。


【キャンバスマップル株式会社について】
 当社は、カーナビゲーション用の地図データの構築及びソフトウエアの開発並びにこれらの企画制作・販売を行うことを目的に、株式会社昭文社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:黒田 茂夫、東証コード:9475)の子会社として、2006年9月に設立いたしました。カーナビゲーション用ソフトウエア「マップルナビ」をはじめ、人気旅行ガイドブック「ことりっぷ」、「まっぷるマガジン」の電子ガイドブック化及びスマートフォンやタブレット端末に提供するシステム構築や、昭文社デジタルコンテンツデータの販売など、昭文社グループによるデジタル事業の一翼を担っております。現在はこれらの事業のほか、カーナビゲーション向けに昭文社デジタルデータの提供も行っています。
<キャンバスマップルホームページ http://www.canvasmapple.jp

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング