<小林製薬 2014年更年期障害 実態調査>更年期障害を経験した/している母と娘の親子事情じっくり更年期障害の話をした母娘はわずか2割自分もいつか更年期障害に…と思っている娘は8割

@Press / 2014年7月4日 15時0分

<調査の背景>
女性が50歳前後に迎える更年期。閉経前後の急激なホルモンバランスの変化によって引き起こされる更年期障害は、
めまいやほてり、不安感など、症状が多岐にわたることに加え、不調をほぼ感じない人から日常生活に支障をきたす人
まで個人差があるのが実情です。そのため、家族や周囲になかなか理解されにくい現状を踏まえ、更年期障害を経験した母親を持つ、30代から40代の女性312名を対象に、娘の視点で更年期障害に関する意識調査を実施し、母と娘の親子
関係を浮き彫りにしました。小林製薬は今後も女性の健康と幸せを応援し、更年期障害の啓発に貢献してまいります。

<総括>
■6割の母親が娘に更年期障害を打ち明けているものの、じっくり話した母娘はわずか2割。
 母親が更年期障害だと知り、娘は受け入れつつも、自分に置き換えて不安にも感じている。

(1) 約6割(61.5%)の娘が、更年期障害を母親から打ち明けられて知った。
(2) 母親とじっくり更年期障害について話したことがあるのは、わずか2割弱(17.0%)。
(3) 母親が更年期障害だと知り、最も多かったのは「年を取ったから仕方ない(40.7%)」、
「自分も将来同じようになるかもと不安に思った(40.7%)」と、受け入れつつも不安も隠せない結果に。


■私もいつか更年期障害に…と思っている娘は8割。理由は「母親もなったから」が4割。
 更年期障害は「しょうがない」ものの、実際になった場合を考えると「不安」8割。

(1) 約8割の女性が、いつか更年期障害になると思っている。
その理由は、「女性はいつかなると思う(56.1%)」に次いで、「母親もなったから(39.1%)」と考える人多数。
(2) いつか更年期障害になると考える女性(259名)のうち、
約8割(83.0%)が、更年期障害になることに不安を覚える、と回答。
(3) 更年期障害のイメージについては「時期が来れば収まるもの(58.7%)」
「しょうがないもの(57.1%)」「女性として当たり前のこと(45.5%)」。


■自分が更年期障害になった時、相談したい人のトップは「母親」。

(1) 更年期障害について相談したい人は、「母親(55.1%)」がトップ。その理由は、「女性同士で分かり合えるから(50.9%)」「更年期経験者だから(33.4%)」「一番身近な人生の先輩だから(31.1%)」。

********************************
<参考資料>
「小林製薬 2014年更年期障害実態調査」の詳細は、下記をご参照ください。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング