NTTデータMSEがウェアラブル端末を活用した 法人向けソリューション「Bizウェアラブル」提供開始 ~ウェアラブル導入を最短2週間で実現~

@Press / 2014年7月9日 10時0分

「Bizウェアラブル」のシステム概要
株式会社NTTデータMSE(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:荒田 和之、以下 NTTデータMSE)は、スマートグラスやスマートウォッチ等のウェアラブル端末を用いた法人向けウェアラブル端末活用ソリューション「Bizウェアラブル(TM)」を2014年7月9日より提供開始します。
「Bizウェアラブル」は、ウェラブル端末上で動作する業務アプリケーションと管理するシステムなど一式を提供するものです。製造・物流・小売・ヘルスケア・サービス等、幅広い企業で初期費用や期間を抑え、ウェアラブル端末を使った取り組みを開始できます。また、トライアルを実施し、自社におけるウェアラブル端末導入の効果検証をしたのち、本格的なシステムの構築や、業務要件にあわせたアプリケーションを導入することができます。

「Bizウェアラブル」 http://nttd-mse.com/special/bizwearable/


【背景】
技術革新やインフラ整備などの条件が整ったことで、様々なウェアラブル端末が登場しています。ウェアラブル端末を装着することで、ジェスチャーや音声認識によるハンズフリーでの作業や、オフィスからの遠隔指示やマニュアルの参照など、作業効率の向上や作業漏れの軽減が期待できるため、製造や小売、建設など多くの業界でウェアラブル端末の業務での活用が注目されています。
しかしながら、ウェアラブル端末の導入を検討する企業においては、ウェアラブルを導入するためのシステム構築などの投資に見合った効果が得られるのか、自社の業務特性がウェアラブル端末とマッチするのか、様々なウェアラブル端末がある中で自社にはどの端末が適しているのかがわからないなどの不安があります。
そこでNTTデータMSEは、トライアル導入をすることができ、かつ企業のウェアラブル端末導入に必要なシステム一式を備えた「Bizウェアラブル」を提供することとしました。

「Bizウェアラブル」のシステム概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/48310/img_48310_1.png


【概要】
「Bizウェアラブル」は、ウェアラブル端末上で動作する業務アプリケーション、ウェアラブル端末を管理するシステムなど一式を提供します。これによって、製造・物流・建設・小売・ヘルスケア・サービス等の企業は、ウェアラブル端末を使った先進的な取り組みを開始できます。
ウェアラブル端末の導入効果を見極めてから本格導入を検討したい企業に対しては、導入効果を検証するためのトライアル環境を提供します。これによって、企業は最短2週間でウェアラブル端末を利用できる環境を導入できます。トライアルの検証やその後のシステム構築、業務に合わせたアプリケーションのカスタマイズや保守までを幅広くサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング