潜在アクティブシニア向け新型マガジン『どきどき』創刊 創刊号から毎月30万部発行 制作陣に“シニアのプロ”が集結

@Press / 2014年7月8日 14時0分

どきどき表紙
シニア層向けの事業を展開する株式会社ソーシャルサービス(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:白形 知津江)は、50代以上の潜在アクティブシニア向けの雑誌『どきどき』を2014年7月に創刊いたします。

<シニアの4人に1人は愛読誌あり 雑誌不況のキーターゲットは50代?>
「Amazon.co.jp」の書籍売上が1,500億円を突破したとみられ書店が減少の一途をたどる一方で、シニア層はまだまだ雑誌を望んでいるのではないかと仮説し調査を行ったところ、シニア全体の24%、4人に1人は定期的に購入している購読誌があることが判明しました。また更なる調査の結果、雑誌不況と言われる中で、シニア層の雑誌に対するニーズは相変らず高い傾向があり、男性女性で興味の対象となる情報や人物に、違いがあることも判明しました。

詳細レポート:5月度調査報告書「アクティブシニア・雑誌購読傾向状況」
http://www.sc-sv.com/dsrv.html

雑誌『どきどき』は、毎月30万部を発行し、中高年層・シニア層が多くの割合を占める、全国の「ポスタルくらぶ」会員の他、旅行会社のお客様、流通のお客様など、シニア団体、シニアの集まる集会などに幅広くリーチしていきます。また、一般の購読希望者にもアプローチをしてまいります。


【媒体概要】
~ありそうでなかった新型マガジン、『どきどき』創刊!~

◆「待っている」潜在アクティブシニアを動かす 新しい挑戦
『どきどき』は、高度経済成長時代をがんばって駆け抜けてきて、まさにいま人生の実りの時期を迎えた、大人世代のための新しい媒体です。新聞でも雑誌でもない、ハンディサイズの月刊マガジン。「自分にぴったりの情報だけを読みたい」というシニアの期待に応える、厳選された、信頼できる、いまをとらえた情報だけを届けます。

◆「どきどき世代」=進化し、社会とつながる、かっこいい大人世代の誕生
社会から、やさしくいたわられる高齢者ではなく、お金も時間も心のゆとりも人生経験もたっぷり備えた、自立した、ステキな大人世代を応援します。読者がただ読むだけでなく、自らが動き、参加し、社会に向けても発信していける、雑誌より新聞より、身近で頼りになる媒体を目指します。

◆大人の心を知り尽くした「シニアのプロ」が集結
多様化するシニアの要望に応え、心に寄り添い“動き出したい”気持ちを応援するため、ステキな大人たちの気持ちも行動もリードしてきたシニアのプロたちが、新鮮で、だれもが納得する形を作ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング