直径8cmの巨大フルーツ大福『豊岡ふわっとろっしゃ!大福』を発売~生地はふわふわモチモチ食感、中身は旬に合わせた季節のフルーツ~

@Press / 2014年7月9日 10時30分

豊岡ふわっとろっしゃ!大福
 有限会社和平(本部所在地:兵庫県豊岡市、代表取締役:宿院 肇)は、直径8cmの巨大フルーツ大福『豊岡ふわっとろっしゃ!大福』を豊岡わこう堂 季の杜本館で発売いたしました。


【今、菓子業界の中で一番売れているのは大福!】
 近年のスイーツブームで、パンケーキやフレンチトーストが大注目されていますが、菓子業界の中で一番売れている品物は“生和菓子”という調査結果が出ています。
 総務省統計局が、日本の一般家庭で一年間に支出する金額を品目別に調査している「家計調査年報(※)」によると、2013年には、日本の一般家庭で年間67,168円を菓子類(和菓子総合・洋菓子総合)に支出しています。これは、2006年の64,088円に対して3,000円以上増加しており、近年のスイーツブームを如実に表した結果となっています。この67,168円の中で、もっとも高い7,932円(およそ12%)という構成比を占めるのが“生和菓子”です。生和菓子とは、水分の多い日持ちしない菓子をさし、フルーツ大福等も含まれています。

※出典: http://www.stat.go.jp/data/kakei/2013np/index.htm


【豊岡ふわっとろっしゃ!大福 開発背景】
 豊岡・「中嶋神社」は、和菓子の聖地と呼ばれています。その中嶋神社の近くに店舗を構える「豊岡わこう堂 季の杜本館」は、古くから伝わる和菓子の伝統を守る為、日々お菓子作りに邁進しています。
 『豊岡ふわっとろっしゃ!大福』は、その中嶋神社に祭られる和菓子の祖先「田道間守命(たじまもりのみこと)」が常世の国から持ち帰った「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」という果物がお菓子のルーツと言われていることに因んで、フルーツを使った大福を開発しました。


【ふわっとろっしゃ!の意味】
 ふわふわモチモチの生地の「ふわっと」と但馬の方言で「わ!すごい。おどろいた。」を表す「わっとろっしゃ!」の二つの意味を組み合わせて付けた名前です。


【新商品『豊岡ふわっとろっしゃ!大福』の魅力】
 『豊岡ふわっとろっしゃ!大福』は、大きさ・食感・素材にこだわって作っており、当社独自の大福を提供しています。そのため、ご注文の7割を女性が占めるほど女性に人気の商品となっております。

(1)~大きさ~
 この『豊岡ふわっとろっしゃ!大福』は、ふんだんに季節のフルーツをカットして丸ごと大福につめておりますので、とにかく大きいです。平均的な大福の三倍の大きさで、直径8cmほどあり、野球ボール並みの大きさです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング