GPS位置情報を使ってスマートフォンからのカンタン住所入力を実現!

@Press / 2014年7月8日 9時30分

Gyro-n住所入力ナビ
インターネットシステム開発を行う株式会社ユビキャスト(所在地:東京都港区、代表取締役:呉 英仁)は、GPS位置情報からユーザーの現在地住所をフォームに自動入力できる、利用料無料のASPサービス「Gyro-n(ジャイロン)住所入力ナビ」を、2014年7月8日にリリースいたしました。


「Gyro-n住所入力ナビ」は、GPS位置情報を使ってサイトにアクセスするユーザーの現在地を絞り込み、郵便番号データと紐付いた、住所一覧からタップしていくカンタン住所入力UIと合わせて、主にスマートフォン、タブレットからアクセスするユーザーの手間を削減し、CVRの向上に大きく貢献できるツールです。住所入力ナビは「Gyro-n SFS」に引き続き、利用料無料で提供致します。

「Gyro-n住所入力ナビ」詳細ページ
https://www.ubicast.com/gyro-n/ja/navi/


■「Gyro-n住所入力ナビ」は、次の2つの機能で
ストレスフリーなフォームを提供

1.GPS位置情報から現在地を特定
スマートフォン、タブレットに装備されているGPS位置情報機能から、フォームにアクセス中のユーザーの現在地を検索します。ユーザーは表示される現在地近辺の住所候補からタップで選択するだけで最大で町名・丁目までの住所を特定、フォームの住所入力欄への自動入力が可能です。
※GPSの精度によっては市区町村名までの絞り込みとなることもあります。

2.面倒な文字入力を省き、候補からタップで選択するだけのカンタン住所入力
「Gyro-n住所入力ナビ」の日本地図選択画面から、都道府県名、市区町村名、町名・丁目をタップで選択していくだけで、郵便番号も含めたすべての住所をフォームに正確に入力させることができます。タッチデバイスに最適化した選択式の簡易なUIを採用しているので、面倒な文字入力の手間をユーザーに掛けさせません。


■スマホ向けフォームのユーザビリティーを改善し、CVR向上に寄与
「Gyro-n住所入力ナビ」をフォームに導入することにより、主にスマートフォンからアクセスしてくるユーザーに面倒な住所入力の手間を掛けさせず、ストレスフリーなフォームを提供できます。もちろんタブレット、PCにも対応、レスポンシブデザインなど、多様なデバイスで共用しているフォームであっても導入が可能。
また、様々なフォームの形式に柔軟に対応できるので、「都道府県欄がプルダウンになっている」「郵便番号欄が前後で分かれている・分かれていない」「数字が全角・半角入力」「市区町村名とそれ以降の住所欄が分かれている・分かれていない」など、様々なフォームでご利用いただけます。
導入に際しては、Gyro-nから提供するタグを所定の位置に入れるだけ。その他の面倒な設定はGyro-nサポートチームが無料で行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング