【新刊】『食べない人たち』~「不食」が人を健康にする~

@Press / 2014年7月15日 9時30分

食べない人たち 表紙
 株式会社マキノ出版はこの度、新刊『食べない人たち』が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。

 書店に「○○を食べれば健康になる」「○○を食べるのをやめればやせられる」といったタイトルの本があふれているように、食と健康は密接な関係にあります。しかし、食べることそのものをやめると、人の体と心はどのような変化を起こすのでしょうか。
 本書は、6年間水も飲まない弁護士、18年間1日青汁1杯の鍼灸師、不食の人体実験に自ら挑んだ思想家が、それぞれの体験と考えを語り尽くした、世界初の「不食の教科書」です。
 一時的に食物の摂取を絶つ「断食」に対して、食べない生活を習慣として続ける「不食」は、単なる健康法ではなく、未来を切り開く生き方そのものです。そして、簡単なコツさえつかめば、誰もが不食を実行することができるのです。2010年には、食べない人たち「ブレサリアン(呼吸主義者)」の数はヨーロッパだけで4万人にも上るとされています。新しいパラダイムの変換を告げる本書をぜひご一読ください。


【本書の構成】
第1章 ようこそ不食の世界へ(秋山 佳胤)
第2章 絶望の淵からたどり着いた不思議の国(森 美智代)
第3章 どうすれば人は食べないで生きることができるのか(山田 鷹夫)


【書籍概要】
書籍名:『食べない人たち』~「不食」が人を健康にする~
著者 :秋山 佳胤(弁護士・医学博士)
    森 美智代(森鍼灸院院長)
    山田 鷹夫(不食研究所代表)  共著
体裁 :46判・並製・200ページ
価格 :1,404円(税込)
発行日:2014年7月15日
発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)


【共著者略歴】
秋山 佳胤(あきやま・よしたね)
1969年、東京都生まれ。92年、東京工業大学理学部卒業。96年、司法研究所入所(50期)。98年、弁護士登録(東京弁護士会)。松本・美勢法律特許事務所に入所し、松本 重敏・美勢 克彦両先生に師事する。99年、東京弁護士会知的財産権法部事務局次長。2004年、東京弁護士会知的財産権法部事務局長。05年、新職務発明制度及び先使用権制度相談事業委員に就任。08年、ロータス法律特許事務所を設立。12年、医学博士(代替医療)取得。弁護士、医学博士、JPHMA認定ホメオパス。珈琲豆焙煎士としての顔も持つ。著書に『誰とも争わない生き方』(PHP研究所)がある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング